開設のご挨拶2005年09月11日 20:00

「オトナが楽しむ、オトナの電車ごっこのページ」・・・泥酔鉄道のブログを作ってみました。 タイトル・紹介文・画像などから、何をやっているページなのか専門知識が無くても分かっていただけるよう運営してゆきますので、よろしくお願いいたします。

名前の由来2005年09月11日 20:16

クロポ415近撮

このブログでは「クロポ415」または「ku-ro-po415」という名前を使用いたします。以下よろしくお願いいたします。

名前の由来ですが、自分が作った鉄道模型の中で『2階建グリーン車に運転台を後付けした(電車の記号で「クロ」)』『陶器みたいにすぐ割れる(貨車の記号で陶器車を意味する「ポ」)』『常磐線の415系模型』という代物があり、それにちなんでいます(写真参照)。

我ながら紛らわしいと反省しておりますあ、鉄道模型メーカーの直販ブランドに由来して付けたものではございません。

TX vs JR2005年09月15日 01:59

キーボードが壊れたのでケータイで文字を打って入力しています。 特に意味は無いけどお気に入りの1枚。   「TX vs JR」のJRが、TXに向けられた「刺客」E531系でないのはご愛嬌。代わりに模型で製品化されている415系ステンレス車(トミーテック)を出してみました。

高速新線という名の固定式レイアウト2005年09月16日 00:54

こんなのも作ってます。詳細は追って・・・。

シッカロールで作る塗り屋根2005年09月17日 21:41

(上)塗屋根の施工中。(下)塗り上がった屋根を車体に仮止め
某掲示板の運転会に向けた車両の製作中。 写真は、最近の車両で多用されている「塗り屋根」の再現。屋根に缶スプレーを一旦吹いた後、シッカロール(あせも防止に皮膚に塗る粉)を満遍なくまぶし、余分な粉をはたき落とした後、もう1度屋根を塗装(写真上)。これだけでもかなーり屋根(鉄道模型では実車以上に非常によく見られる)の雰囲気が変わる。今回はさらに一工夫して光沢消しの水性トップコートスプレー(吹付粒子が粗く非常に扱いにくい)を吹いてみた(写真下)。

色入れ2005年09月18日 23:51

昨日の続き。 カラス口で扉窓にシルバーを色入れ。黒色に色入れする場合はどこでも売っている黒のサインペンをつかうのだが、他の色だとそうも行かない。で、自分の場合スキルが非常にアレなので、色入れ中手が滑るのは日常茶飯事。 そんな時場慌てず焦らず車体色を上から筆塗り。実車も塗膜が剥げた箇所など継ぎ当みたいに塗装しているので、そんなに違和感はない(と脳内で整理しています)。

室内への色入れ2005年09月20日 22:11

着色した室内部品とそれをセットした状態
自分がよくやる加工で「室内床への着色」がある。特に今回製作した103系更新車では、室内床が朱色とベージュのツートンに、座席がスカイブルーと結構明るく見える。ライトの遮光パーツを艶消黒に縫って、他を然るべき色に塗った室内を車体にセットした結果は写真のとおり。ものすごく効果的です。