駅モジュールの製作-24〜地盤の着色〜2008年05月24日 14:11

整地が終わったレイアウトにパウダーを撒く作業を行いました。

地面にボンド水溶液を霧吹きで吹いた後、プラスター、薄茶色(プラストラクト#GC-105)、緑色(家に残っていたストック)、くすんだ緑色(津川#CP-4)を重ねて撒きます。撒いた後にはボンド水溶液を霧吹きで吹きかけます。グリーン系の色を吹く時にはタイヤの轍の部分に覆い(余っていたプラ角棒を使用)をしてかrら撒いて、轍のある道路を再現しました。(写真上)

増設されたホーム側は撒かずに残していたバラスト(トミー#8139ライトグレー)もこのタイミングで撒いてしまいます。(写真中・下)

こんな感じです。色合いとかは微妙に実物とちがうかもしれません。