全国転配!廣嶋103系2008年06月11日 00:00

モジュールオフも終わり、いつも通りの日常が始まりました。いつも通り出勤して、いつもどおり仕事して、いつもどおり晩はスーパーの値引き弁当で済ませて…

生活に潤いを出すため、この前まで作っていたモジュールを本棚に飾りました(写真上)。文庫本とほぼ同じ高さに収まりますが、天地方向にはもう少し余裕があってもいいかもしれません。

で、乗っている車両はクリームに紺色帯の通勤電車。マイクロエースから発売された「103系 瀬戸内色・高運転台」です。関東には馴染みのない塗装のこともあり、模型店のデッドストックをかなりの格安で引き取って来たものです(写真中央)。

実車はJR西日本では少数派の高運転台車。しかしながら2005年になって緊急に車両を増備する必要に迫られ、突然JR東日本武蔵野線で余剰になっていた103系8両を購入、あれよあれよという間に東海道を西に下って行った、実は関東地方にも馴染みのある車両です。その後、編成の組み替え、戸袋窓の閉鎖などどんどん西日本の姿に化けて行ったのですが、車内のモケット等に東日本時代の痕跡が残っています(写真下)。

コメント

_ youroumania ― 2008年06月12日 00:21

こんばんは
広島は仕事で行く機会がありますが独特な車両が多いですね
103系の塗装は落ち着いていて結構好きです。

103もそうですがデカ目の115系?まだあるのかな。

_ クロポ415@泥酔鉄道 ― 2008年06月13日 23:08

youroumaniaさんこんばんは。

常磐線を見慣れた目ですと、どうも広島色はクリーム色が濃くて軽快さが足りないような気がします。
しかしながら、白/ベージュ系の淡いベース色に濃い色の帯といった、民営化前後に全国に広がった地域色のルーツという意味で価値あるものと思ってます>広島色

デカ目は・・・まだ健在みたいです。

_ クロンシュタット ― 2008年06月14日 06:04

おはようございます
115系といえば、最近の我が家にスカ色の動力車が入線しました。
もともと息子たちの「手押し運転」用にT車はいろんな形式が揃っていました。
下の息子も成長し、今度はM車のみ増備していくという作戦です。
「中古屋さん」でM車だけを探すのですが、メーカーも製造年度もバラバラです。共通するのはアーノルトカプラーぐらいかな。
こだわりマニアには耐え難い増備方法ですが、我が家は「楽しければいいや」主義なものですから。
お気軽鉄模型とでも申しましょうか、そんな風な方向性にこそ「未来」が見出せるような気がします。

_ クロポ415@泥酔鉄道 ― 2008年06月14日 18:20

クロンシュタットさんコメントありがとうございます。

お子さんですが、モノを大事に扱う、良い教育をされている点に驚きです。
自分が同じくらいの年頃の頃を考えてみますと、雑に扱って動力車を買ってもらう頃には駄目にしてしまっていることが想像できます。
レスを読んで、20〜30年前の自分を叱りつけてやりたい気分になりました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック