サッポロラガー2008年07月10日 00:32

昔はすごい流行っていたけど今となっては「知る人ぞ知る」ビール、そんな「伝説のビール」に出逢いました。まだ生産は続いているけど、扱っている店が減りつつあったり、情報がなかったりでなかなか巡り合わせがないんです、「サッポロラガー」。

会社の研修で東京に出たとき、「サッポロラガーが飲める店」で名前が挙がっていた大塚駅前の「立ち飲みコーナー」(写真上・中)。
ここで2年振りに飲んだサッポロラガーは、以前に飲んだ時と同じような、大らかでスッキリとした味。サッポロラガーのレビューにあるような「どっしりとした味」は残念ながら知る事は出来ませんでしたが、「ビールとしてどんな味を味あわせたいのか」といった主張が厳しく問われる以前の、シンプルで牧歌的な味を楽しむことが出来ました。
(ちなみにこのブログ原稿ですが、電車内で「アサヒスーパードライ」を飲みながら書いています。スーパードライは「ビールではない」と思いますが、「ドライビール」という新しいジャンルを定義づけた、重要な製品だと思います。)

次の日には、日頃お世話になっているCKC立ち飲み部会の方々から誘いを受けて新橋の「くら」に行き(写真下)、やっぱりサッポロラガーを頂きました。大瓶一本で天国に逝けて。大満足です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック