続・微妙な西武ラズベリー2008年07月19日 23:24

以前のブログで取り上げた「西武ラズベリー」ですが、調色してみました。

ネットで西武ラズベリーの調色について調べてみると、「西武ラズベリーに赤を多めに混ぜる」という記述が多く、具体的にどう調色したかがよく判りません。

実際に西武電車の模型を手がけている方に話を聞いたりした結果、「GM西武ラズベリーとGM西武レッドを1:1で調合」で、相応の色が出来るのではないかと考え、試してみました。

写真中央に置いた、伊豆箱根の車体に赤が3色塗られています。左から「GM西武レッド」「レッド:ラズベリー=概ね1:1」「GM西武ラズベリー」です。もともとのラズベリーと比べ一目で見て判るくらい赤みが強くなりました。

で、ラズベリーの電車を数種かき集めて並べて色味の比較・・・何てこったい。合わせる基準にしようとした鉄コレ西武451系は「GM西武ラズベリー」に近い色合いです。その一方、鉄コレ西武311系は「レッド:ラズベリー=概ね1:1」に近い色合い。

前も似たようなことがありましたが、どうも「コレクション」の製品は、実物は同じ色でも製品毎に色が異なる場合があるようです。ただ、トミーテックの人が対談で話していましたが、中国の生産工場との調整で一番気を遣うのが「色味のイメージ(例えば、日本人は中間色っぽいイメージで伝えても中国では原色っぽいイメージで捉えられる)」ので、なかなか難しいところかもしれません。