ローカル電車が大量に増えました2008年12月09日 20:50

鉄道コレクションで、日立電鉄と銚子電鉄をいろいろ仕上げました。え?パンタグラフ?現地調達の予定ですが何か?

日立電鉄は、雨樋などにキズが見られた1両(シークレット:モハ3025に改番)は車体をきつめにウェザリングして誤魔化しました(雨樋破損部分からの錆汁表現もしたいのだが、広報模索中)。動力はモハ3023に仕込みます。あわせて、目的が無いまま買ってしばらく不良在庫だったモハ2230も整備しました。モハ3000との組み合わせは実在しませんでしたが、ツートンカラーの3連でも仕立てて遊びます。

銚子電鉄は、日立電鉄を塗り直して「鉄子カラー」のモハ1002を再現。車体は朱色1号、白、青15号の組み合わせですが、青はもっと明るい青に下方がいいかもしれません。動力車は、デハ301(通常ツートン)とデハ501にし、車体表面が汚れていたデハ301(鉄子カラー)は色調合わせのためオレンジを塗り直した後、こちらもエアブラシで強めにウェザリングしています。

小さな電車が走るローカル私鉄にはあまり縁がなかったのですが、こうして作ってみると、新しいのも古いのも、ローカル線ぽくていい感じです。

自分にとってのローカル私鉄2008年12月11日 22:33

昔撮った東武・関鉄

自分は、物心ついていろんな事に興味を示す6歳の時に、街の中からローカル臭漂う茨城の外れに引っ越してきた過去があります。そのため、どちらかというとローカル的なものよりは都会的なもとに憧れを持っています。

そんな茨城で高校卒業までの12年間過ごして来ましたが、身近にあった「私鉄」は関東鉄道常総線と東武日光線。どちらも20m級車両が行き来し、路線の終点は国電区間に有名観光地と、沿線環境の割には「ローカル線ぽい要素」の少ない路線でした。さらにそれ自体が車両・運用とも複雑であり、それを見ているだけでだ十分退屈せず、結局他の多様な「私鉄」にはあまり興味が移りませんでした。

ローカル私鉄の模型を立て続けにリリースし続ける鉄道コレクションですが、振り返ってみると自分はこれまで(少数派の)20m級車両のシリーズをより積極的に集めて整備してきましたが、そのあたりに原因があるのかもしれません。

池袋IMON〜CKC忘年会~2008年12月13日 15:43

ローカル私鉄と忘年会

新しくできた池袋IMONの貸しレイアウトで運転しています。

今回は「ローカル臭する車両」がテーマでしたので、これまでアップしてきた地方転用の通勤型日立・銚子を持ってきました。 配線も単純ではなくところどころ風景も作ってあったりでいろいろ楽しめます。


以下22:55加筆

今日は自分も参加しているCKCモデラーズクラブの忘年会です。で、忘年会前に貸しレイアウトで運転しようということになり、課題だった「ローカル臭のする車両」をいろいろ持って行きました。

それらを組み合わせてまず撮ったのが、水戸線直通のE501系と日立電鉄で、茨城の日立市大甕っぽい風景を作ってみました(写真上。※本当は日立電鉄の廃線(2005年)はE501系の茨城地区転用(2007年)よりも前です)。

次は銚子電鉄。鉄子カラーに塗ったデハ1002と、「鉄子の旅」銚子電鉄応援BOXのおまけのデハ301鉄子カラーとを連結したり走らせたりしました(写真中)

で、忘年会。中華料理が2時間呑み食べ放題の御徒町「哈爾浜」でかんぱ〜い♪よく食べました。。。(写真下)

※22:55写真差し替え。もっと状況がよく分かる写真にしました。

東武のカステラ電車(2)2008年12月14日 22:41

クロスポイント東武7820屋根

忘年会も無事終わり、新年会に向けた工作を再開しました。まずは東武のカステラ電車。まずは屋根まわりを仕上げます。

このキットは車体と屋根が別バーツになっており、パーツの分割点に添って塗分線も分かれています。そのため、車体は一括成型であり強度もあることから、屋根の接着を塗装後にしても支障ないと考えました。そのため、工作は屋根にランボードを付ける程度しか進みません。

しかし鼻歌交じりに工作をすすめるうちに考え込んでしまいました。実車は屋根作業時に屋根を伝って移動できるよう、屋根肩部にステップがあるのですが、連結面はモハ・クハとも部品がある(部品番号5)のに対し、前面はクハしかこのパーツ(部品番号4)がありません。

もはや実車は1両しか(東武動物公園のモハ7329)残っていないところ、いろいろ考えた揚げ句、モハはパンタ廻りのランボードが「ステップの機能」を受け持っていると考え、写真のようにクハのステップの位置に合わせるようにしました。屋根パーツに成型されているランボードの脚に対し、ふつうなら前後均等の位置にランボードを接着するところ、できる限り前に突き出して接着し、ステップ位置を合わせました(実車がそうなっているか分かりません)。

かように、キットは部品1つとっても油断を赦さな。いろいろ考えさせられる、実に厄介な代物のようだ。
だが、それがいい。

100均のボックス2008年12月16日 23:17

ダ○ソーの回し者ですが何か?

工作は捗っていません。もっと正確に言うと、うまく逝かない工作から逃げています。

せめて片づけだけでもちゃんとしようと思い(普段の自分は片づけは全然しない人で、自分の部屋も勤務先の机も混沌を極めています)をしようと思い、100円ショップでいろいろ透明な箱を買ってきました。今までの経験から、枠をきちん用意し、それに散らかっているものを分類して放り込めば、片づけが進みます。

FD・MOボックス、MD・カセットボックスは工具や瓶入り塗料をしまうに使えそうです。前者の方が内寸が大きいですが、瓶入り塗料は後者の方が高さがちょうどピッタリで、何となく気持ちいいです。

収納BOXの中には、車両を縦に2両納めることができるものや、トレイ付きのものもあり、工作中の車両を放り込むのに使えそうです。華奢なものもありますので、何をどう納めるかは考えながらになりそうです。