車体の塗装を直しました(丸ノ内線06)2009年03月10日 22:27

昨日、マスキングが駄目でションボリだった営団500形ですが、仕事から帰ってきて大急ぎでエアブラシを準備して塗装の修整を行います。平日にエアブラシを出す事など無かったのに、妙にテンションが上がっています。。。

まず、白帯の廻りをマスキングした後、エアブラシのノズルを絞って白を吹き付け。塗りたいところを少しずつ塗ったため、塗料の乱れも少なく仕上がりました(写真上)

その後、車体・屋根を見て若干塗装にムラがあった(赤系の色はあまり使うことが無いのですが、すごいムラが出やすいです)程度に仕上がった300形・500形は車体上半分に赤を重ねます。赤系の色は塗料の隠蔽が弱いためか、色を重ね塗りすればするほど深みが出てくるようでとても好ましいです。(写真中)
この2両はこのまま先行して工作を続けることにします。

残る1両(400形)は屋根の雨樋に乱れがあったため、残り3両の屋根廻り工作とあわせて雨樋を作り直すことにしました(写真下)。

3月末のオフ会に向けて、ちょっと先が見えてきたようです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック