「ブルートレイン」の終焉2009年03月13日 20:23

ブルートレイン「はやぶさ」

明日でJR各線がダイヤ改正になりますが、それにあたって寝台特急の「富士・はやぶさ」が廃止されます。小学生の頃に起こった「ブルートレインブーム」で一世を風靡した、機関車の前面にヘッドマークが付く九州ブルートレインが、これで全廃されることになります。

自分も、昨年9月にゴダゴダにならないうちにお名残乗車もしておきました。(写真はその時に博多駅で撮ったはやぶさ号です)

もちろん、これは新幹線のみならず飛行機・夜行バスなど代わりとなる交通機関の発展によるものもありますが、自分が重視するのは「低価格で泊まれる宿泊施設の充実」。寝台料金と同じ程度の値段で、静かな個室でバストイレがありテレビやネットを楽しめる、安価なビジネスホテルがここ数年でものすごく普及しました。この影響も大きいのではないでしょうか。

鉄道が繁盛すればするほど嬉しい一ファンにしてみれば淋しいことこの上ないですが、夜行列車の代わりとなるものがあまりにも充実した現代の世の中では仕方が無いのかな。と思っています。