蘇る東陽バス(沖繩)の730車2009年10月13日 20:02

レストアされた東陽バス日野RE

沖繩に旅行に行っていた友人から嬉しいニュースが来ました。送られてきた写メのブログ転載にOKが出たので紹介します。
沖縄県の東陽バスが、最後まで残っていた昭和53年式のバス(日野RE)を、現地ディーラーの協力を得てレストアして運用し始めました(沖22か906)。

この車両は、沖繩で昭和53年に行われた交通方法変更(7月30日にアメリカ統治時代の右側通行から本土と同じ左側通行)に合わせ、バス会社4社に大量投入された車両のうち1台です。同じ年式の車ですと、やはり同じ沖繩バスに三菱の730車(バスコレにもなった沖22か10-64)が残っています。

古いバスといえば、昭和30〜40年代まで作られていた「ボンネットバス」がすぐ思い浮かびますが、それ以降のバスですと15年以上のブランクを経た昭和50年代末に作られた車両が最後の活躍をしているくらいで、その間(昭和40〜50年代)のバスはほとんど乗れる状態で残っていないのが現状です。そんな中、沖繩のこの2台は大変貴重な存在、いつまでも走り続けることを願いたいです。

コメント

_ gino-1 ― 2009年10月14日 01:21

こんばんは。

モノコックのバスも、ここ数年で一気に数を減らしましたね。

同じ730車のBU04とU-20が引退してしまった中、動ける状態を維持して大切に使うという東陽バスと沖縄バスの英断には拍手を送りたいですね。

_ クロポ415@泥酔鉄道 ― 2009年10月16日 06:45

gino-1さんコメントありがとうございます。

そうなんですよ。モノコックバスのここ数年での激減ぶりにビックリしています。
でも、モノコックの生産がほぼ終了したのが1984年で、もう25年経っているから仕方が無いのかもしれません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック