実車さながら・・・(鉄道コレクション西武571系)2010年02月28日 21:42

鉄道コレクション西武571系

小手指車両工場さんから赤電の旧型車が、ワンマン運転('A`)な北関東の地方鉄道に転属して参りました(写真左上)。

流行る気持ちを抑えて早速開封。この製品、西武赤電の赤が、旧製品の451系と比べて明るい色っぽいです。旧製品の色に疑問を感じて明るい赤色に塗り直した赤電と比べてもあんまり違和感がありません。塗り替えはせず、このままN化しようと思います。(写真右上・右下)

この製品で一番重要なポイントが、西武赤電を語る上で無くてはならぬ「FS40」台車です。
戦前形のDT10系列を遅くまで多用していた西武鉄道ですが、老朽化した同台車を置換えるために、晩年は吊掛駆動ながらも空気バネを採用して乗り心地が良くなったFS40台車を多く量産しました。
外観は、後に西武標準となったFS372と非常に似ているのですが、軸距が長くまた空気バネとボルスタアンカーの位置・形状も異なります。形が似ているだけにこの微妙な形状が・・・と思いつつなかなかいい製品が無くてこれまで妥協してきましたが、もう妥協することはありません。(写真左下)

今日は遅くなったので転入整備は後日施工ですが・・・早く走らせたいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック