バスコレクション第15弾2010年03月21日 23:59

バスコレ第15弾

バスコレクション第15弾が発売になりました。
今回の製品は、「現行形三菱エアロスターのワンステップ車」とちょっと懐かしい「旧型北村車体いすゞ車」の組み合わせです。エアロスター:北村の比率が2:1であり、北村も数年前まで現役で使用されていた会社が選ばれており、年少者にも優しい構成です。

今回の製品は気になった車両が複数ありましたので箱買いしました。いつもどおりの安定した出来で、安心して遊べます。
写真上が「現行形三菱エアロスターのワンステップ車」で、民営のバス会社で多いホイールベースが長いタイプとなっております。ちなみに今回の製品は全て民営バス会社ですね。

写真下が「旧型北村車体いすゞ車」です。北村製作所は、現在ではトラック荷台や電気機器関係の製造を行っている新潟の会社ですが、1990年代まではバス車体の製作も行っていました。独特の丸みを帯びた車体、新潟製で関東〜東北地方に偏在していたこと、1970〜80年代のバスが「ネオクラシックバス」としてファンを獲得するようになった最近まで現役で稼働していたことから、旧型バスファンには人気がある車種です。
早速開封。最後まで残っていた岩手県交通・新常磐交通とを並べてみました。新常磐交通ですが、細かいところ(前面大形方向幕まわりの造形・側面の会社標記)がきっちり再現されております。
最後に、岩手県交通同士を並べてみました。同時代に製造された川重車体のいすゞBUと比べると、車体メーカーのデザイン差というか細かいところでかなり違いがありますね。。。

コメント

_ みやのこ ― 2012年08月23日 20:40

はじめまして、
私は埼玉より震災復興関連の仕事のためいわき市に出張してる者です。
いわき市内を中心に福島県浜通り地区をエリアに持つ新常磐交通バスですが、バスコレクション第15弾に取り上げられている新潟・北村製作所謹製のボディーを身にまとったいすゞCRJのバスの実物は現在、1台がいわき中央営業所に保存(ナンバープレートなし)されてますけど、保存状態がとても良いです。
私は先日、そのいわき中央営業所にバスの写真を撮るべく許可を得て様々なバスを撮りましたが、
懐かしい北村ボディーのモノコックバスを見つけるなり感無量だったです。
北村ボディーというと、私の実家のある湘南地区をエリアに持つ神奈川中央交通バスでも採用(バスコレにある岩手県交通・東海自動車そして蒲原鉄道のバスは神奈中バスの中古)されており、私の実家のある地域をテリトリーに持つ営業所にも何台か在籍してたので、実際に何度となく乗った事もあるから本当に懐かしい限りであります。
長文になりましたけど、この辺にて失礼します。

_ クロポ415@泥酔鉄道 ― 2012年08月30日 06:23

みやのこさんコメントありがとうございます。遅くなってしまい恐縮です。

現役時代、この160号車に乗りに行きました。
北村といえば、このたび新潟交通の「なまず」も全車引退し、そのスタイルを引き継ぐMR系フロントエンジンバスも路線車(関東鉄道や岩手県交通、西日本JRバスでの活躍が有名ですね)ではほぼ見なくなりました。

後部がどことなくアメリカのスクールバスを彷彿とさせる丸っこい北村バス、末長く大切にしてほしいですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック