水モウ2010年12月01日 23:01

車両配置区所のデカール:水モウ(水戸鉄道管理局真岡支区)

トミーテックのHG気動車シリーズ、いろいろ満足できる製品ですが、1点不満なのが「車体標記が足りない」事。最近の他社製品では抜かりなく表現されている車体裾の配置区所標記も省略されています。

結構目立つ製品なので、ここに標記を追加することにしました。使用したのは茨城にある模型店「ATCハヤシ」製のデカール。キハ20系を最後まで重用していた真岡線の車両配置区である「水モウ(水戸鉄道管理局(水)真岡支区(モウ)」ばかり20両分詰まっています。もと沿線民としては、たまらないアイテムです。

で、張ってみると写真のような感じ。一気に実感的になります。デカールなので手軽に工作できます。剥がれ対策でマークセッター等を活用するのがいいかもしれません。

コメント

_ ぬる・・・(ry ― 2010年12月03日 18:03

あー、今は側面表記略されてるんですね・・・
昔の「関スイ」が懐かしいw

_ クロポ415@青森 ― 2010年12月04日 23:05

ぬる・・・(ryさんコメントありがとうございます。

>側面表記
省略されているのはトミーだけみたいです。
この前買った関水のキハ35も、バッチリ「高タカ一」と書かれてましたし、だいぶ前買ったマイクロエースの103系も「大ミハ」と書かれてましたです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック