京葉線201系試作車編成の工作03-クハ201前面の工作2011年11月13日 07:42

クハ201前面の工作

昨日は地元での清掃活動やら買い物やらその他外出で家を開けることが多かったのですが、帰ってきた時間帯に少しずつ工作してました。
来週の運転会に持参したい201系試作車編成の工作です。

今回加工のベースにした中央線の201系電車には、前面に大型の種別表示がありますが、他路線(総武線・京葉線、その他)には、この種別表示はありません。そのため、この種別表示を最初に埋める必要があります。あわせて、試作車の手摺りも量産車と同じタイプに付け替えたり、試作車時代は2個あた前面のジャンパ栓受けも大型のもの1個に減らす必要があります。

(写真左上)まず朝、車体を分解し、前面の種別表示部分を大まかにカッターで削ります。
(写真右上)その後、ヤスリ等(今回自分は電動リューターを使いました)で種別表示を大きく削った後、表示幕部分の開口部 を透明パーツ(表示幕への導光部)を薄く切った後に接着して埋めます。この状態で接着剤が乾燥するまで外出。
(写真下)昼間帰ってきた頃には接着剤が乾燥していますので、紙ヤスリで平滑になるよう徐々に目を細かくして仕上げて行きます。途中で前面だけ塗料を吹いて仕上がり具合を見ます。その塩梅を見て、もっと紙ヤスリで磨いて行きます。


昨日の工作はここまで。今日はこれから仕事した後、続きをやります。

京葉線201系試作車編成の工作04-車体の塗装2011年11月14日 07:12

京葉線201系試作車編成の工作04-車体の塗装

昨日は仕事から帰ってきた夕方から工作開始。前面の手摺りをつけて(写真撮り忘れました・・・・)夕方から夜にかけて車体の塗装をしていました。

(写真上)まず、ベースホワイトを車体に2回吹きます。今回の工作では、種車がオレンジ・黄色と塗色が異なりますので、均一な発色となるようにするためです。

(写真中・下)その後、エアブラシで青22号(GM#6)を濃度を変えて数回に分けて吹き付け、1晩乾燥させます。
結果は・・・先行して製作した4両に対し、僅かに塗装が白っぽいですね。ちょっと不満ですが、ここで工作をやり直すと、もう2度と組み上がらなさそうな気もしますので、このまま工作を続けることにします。


で、月曜日。これから仕事・・・

「草食系男子」まとめ2011年11月15日 00:19

本ブログで度々出てくる言葉に「草食系男子」というのが挙げられます。
自分自身、対異性のコミュニケーションに奥手なまま歳を経てきたことがきっかけで、そのような状況から脱するべくいろいろ調べているうちに出会った言葉です。
定義自体が曖昧でいろいろ言われていますが、自分は「草食系男子の恋愛学」を著した大阪府立大教授森岡正博の説を取ります。前も本ブログで取り上げましたが、同著には何度助けられたことか。

2006年に深澤真紀が言い出して早5年、森岡正博により説得力をもちしっくり来る論文が公開されています。
ここからリンク出来ます。
論文の形態を取っていますが、読み物としても全く違和感なく読める平易な文章です。

本文章は

  1. 「草食系男子」という言葉の誕生
  2. 『草食系男子の恋愛学』とその後
  3. 草食系男子とジェンダー
という3章構成でまとめられており、「凶暴性の減少と戦後日本の体制」「ジェンダーと男女共同参画」というキーワードで説明されています。


読んでみて皆様どのような感想を抱かれましたでしょうか?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「凶暴性に乏しい」「異性間コミュニケーションに乏しい」ことから「草食系」にカテゴライズされるであろう自分は、正直暗澹たる気持ちになりました。
「草食系」って年長者からも女性からもフェミニストからすらも需要の無い概念に思えてなりません。
もっと言うと、諸外国の注目の浴び方を見ると今後「ジャパニゼーション(日本化)」の1アイコンとして良からぬ現象として扱われる懸念があります。提唱者の深澤真紀が儒教と欧米文化的への反発と説明したのとは真逆の方向を向いています。

悲しいけれど、もう期待することは諦めて、半生かけて育ててしまった「十字架」を背負い、ただ世の中の再び凶暴性に満ちてきた際にその濡れ衣を負わされないよう理屈は練りながら、余生を生きて行こうと思います。

京葉線201系試作車編成の工作05-ステンレス靴ずりの表現2011年11月18日 01:03

京葉線201系試作車編成の工作05-ステンレス靴ずりの表現

平日、帰ってきてからの工作はやはり無理があります。遅い時間にヘロヘロになって帰ってきても、全然工作机に足が向かない・・・
先週末車体塗装→今週各部仕上げ→今週末落成
って行程を考えていた201系ですが、すごく厳しいです。。。


で、車体塗装が終わった後、各部の色入れに移行します。この手の近代型電車は、ドア下の靴ずりがステンレス仕上げになっており目立つので、富士川車両製のメタリックインレタで靴ずり部分を仕上げて行きます。

しかし現在の進捗は3/80。すごく無理そうです。。。

最低限2011年11月19日 10:48

京葉線201系試作車編成(6両になりました)

本当なら今日からの大学先輩との泊まりがけのオフ会に持って行く予定だった京葉線201系、とても完成させられませんでした。
それでも、動力車廻りだけ先に整備し、最低限何とか走れる状態にはなりました。最初は4両、今度は6両。戦力の逐次投入と言われも仕方がない泥縄っぷりです。
前照灯も外したままですし、無線アンテナ等細かな屋上機器の取付も出来ていません。
ナンバー?そんなの現地調達です。後方装備やロジスティクスなど「無いもの」で何とかしちゃうのは、我々日本人の悪しき伝統じゃないっすか?


と言う訳でこれから花月園に逝って来ます。