常磐線103系付属編成12-Hゴムの色入れ2014年02月10日 06:54

昨日は、家の雪かきをした後、少し工作をしました。
常磐線103系付属編成、仙石線103系中間車とも、ステップ部の塗装修正。
最初はエアブラシで吹いたのですが、直しきれず結局筆塗りで修正。。。末期の車体塗装がベコベコだった時代の模型ですので結果的には悪くないものの、ステップの色入れは今後の工作での大きな課題です。

ここまでで車体塗装は終わり、次工程に移ります。
窓のHゴムが車体側に表現されている3両(KATO製の後期型車)に、色を入れます。
モハ2両は戸袋窓/扉窓とも黒Hゴムなので、マジックで縁取りします。一方のクハ103は戸袋窓は黒Hゴムなのに対して扉窓は銀色ですので、こちらはポスカの銀色で塗装。合わせて、ステップの塗り足りないところに銀色を落とします。

このペースで工作を続けると、おそらく2月頃には完成できそうです。
先が見えてきました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック