まだ引っ越しが片付いていないのに2014年04月12日 09:00

引越も荷物運びは無事終わったものの模型関係を含め荷物を出しきれないまま、一週間の仕事が始まりました。

引越直後の休み時間にケータイからヤフオクを何気に覗いていたら、しばらくご無沙汰だった物欲エンジンが突然爆発し、本能の赴くままに
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +   。 +    。  *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
        ∧_∧   / /
      (´∀` / / +    。     +    。   
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――
してしまいました。

数日経ち、終電で帰ってくるとヨーロッパAmazonの箱が思いのほか早く自宅に到着。まだ段ボールも片付いておらず、引越関係の出費も嵩んでいたので、さすがに妻の視線が痛かったですorz(「夏のボーナスで決済する」と説明して了解をいただきました・・・)

その日は疲れていて朝も早いため段ボールを開けるだけで精一杯。
結局商品をしげしげと見れたのは金曜日の深夜。ようやくご開帳となりました。
ドイツのミニトリックス製の特急列車5両セットです。
赤い機関車と赤白ツートン(エポック5)の特急客車5両からなるセットです。客車の1両(一番下)には運転台も付いており、機関車交換することなく折り返し運転ができる、現代のヨーロッパの特急列車が再現できます。
機関車はちょうど去年の今頃入手した名機103型の後継、101型が入っております。登場時はいろいろ物議を醸したみたいですが、シンプルで力強い造形のこの機関車も好きです。
機関車・客車ともにはヨーロッパの完成品ならではの細かいレタリングが美しく印刷されており、思わず目を細めてしまいます(もっと詳しくなってしまうと、レタリングされている1文字1文字が合ってなくてどうのこうのいっそレタリングは必要最小限の方がいい・・・・とかいう展開になるかもしれません)。

ドイツ鉄道の特急用1等車食堂車が手元にあって、あと適当な2等車が何両かあれば、赤い103型電気機関車が牽く1990年代前後のインターシティが再現できていいなぁ、とかねがね思っていたところに、そこに機関車と運転台付き2等車がそろったセットが投下されると。。。。自制心がおかしくなるのも必然です。
もっとも、ヤフオクで激しい競りにならなかったので、日本型に換算しても割高感を感じない価格で購入することができました。

さっそく手持ちの1等車と食堂車とを組み込んで、深夜だけど編成を組んでみました。
1等車2両、食堂車1両、2等車3両に機関車。実物のボリューム感と模型で扱う際の手頃感がマッチして、ちょうどよい編成になりました。

左が運転台つき客車。特急らしく綺麗な流線型にまとまっております。対する右が101型機関車。これも大胆な造形が映えます。
この外観だけで、晩酌の酒がどんどん進み、大変気持ちの良い時間を過ごせました。

今回購入した客車はエポック5の赤白ツートン、手持ちの客車はエポック4(旧西ドイツ国鉄)時代の赤白ツートン+薄紫帯ですが、編成にしてしまえば違和感は全くありません。

大事に遊びたいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック