水戸線蒸気時代の客レ20-インレタ貼りと車内仕切り板の塗装2014年10月01日 23:23

早いもので今年もあと3ヶ月です。
7月から9月の3ヶ月は何も完成させられなかったので、模型の何らかは完成させたいところです。

せっかくエアブラシ(ryなので、クリアーまで吹いてしまうことにしました。
クリアーを吹く前にはインレタを入れなければならないので、土曜日夜にチマチマインレタ貼りをしました。
ナンバーは以下のとおりにしました。

・オハユニ71 20・オハ35系客車ベースで、水戸線で目撃された実績のある車両を選定。
・スハフ32 2357・動態保存車。この車両のみは現在の姿で再現(昭和35年頃に消えた三等車マークを復元)
・オハ61 2929・配置等は不明ですが、東北地区でも使用された電気暖房に対応した車両のうち、インレタに付属していた数字のうちゴロの良いものを採用。
・スハニ35 7・当時特急車の任を解かれて暇していた田端配置(高崎配置の説もあり)車の番号を使用。上記オハユニが検査の時の予備車として水戸線入りした模様で、スハニが最後尾の列車の写真も残っている。

日曜日の朝、一気にクリアーを吹きます。半艶と艶消しを艶消し気味にブレンドしたクリアーを薄く吹きます。


あわせて、室内仕切り用に使うプラ板と、キットの付属パーツの室内仕切りをブラウンに塗装します。色は適当。。。

おかいもの(水戸線客車21)2014年10月03日 23:58

昨日の午後は振替休暇をもらえたため、都内にお出かけ。
次作で使いそうなインレタや在庫が尽きた幌等を仕入れてきました。
C58はナンバーもあまり選べなさそうです。

その中で、足りてなかった三等表記(スハニ35用)と、配置区所表記「水ミト」を入手しましたので、今日の夜転写しました。
124人乗りの気動車のインレタを転用、数字は一部削ったので、定員12人のセレブな客車wとなっています。レボリューションファクトリーのインレタは、自分の腕でもストレス無く転写されますので、お気に入りです。

再度クリアを吹かなければならないので、窓を入れて完成するのは来週、模型仲間のお披露目ぎりぎりになりそうです。


水戸線蒸気時代の客レ22-再度クリアー吹き2014年10月06日 23:48

出かけていて工作できなかった土日に代わり、帰宅してちょっと元気があった今晩、旧型客車の工作の続きをしました。
まず、屋根に艶消しブラックを再度吹きます。艶消し・・・・のはずですが、ちょっと艶が出てしまっています。

その艶消しブラックを缶スプレーの蓋に少し吹いて、それを筆で拭ってデッキのステップを黒く筆塗り。デッキ廻りが少しデッキっぽくなります。

その後、艶消しクリアーを再度吹きます。
夜でもうエアブラシを出すのが面倒だったので、クリアーはモノグサして、Mr.カラーの艶消しスーパークリア缶を使用。
吹き出し量の調整が付かず、厚塗りになってしまいました。

しかしながら、乾かしてみたら、厚塗りがちょうどくすんだ感じに仕上がり、下塗り色の黒が車体裾を中心に少し滲んだ事もあり、逆に蒸機時代の客車の野暮ったい雰囲気が出てきました。
屋根も完璧な艶消しに仕上がっています。
怪我の功名、というべきでしょうか。エアブラシでクリアーを吹いたときとは大きく異なり、むしろ好ましい外観となりました。

今日の工作はここまで。。。

水戸線蒸気時代の客レ23-窓と室内の仕上げ2014年10月10日 21:30

今日は免許証を財布ごと無くしたので、早退して免許証の再発行に行っていました。その分仕事が減る訳ではないので、昨晩は会社に泊まってこなしていたのですが、朝起きたら猛烈な疲労。。。
もう確実にトシです。

そのため、早く帰れたので、今週更新まで至らずチビチビ工作していたのをまとめて仕上げました。

まず、スハニ35のテールライトを着色します。この車両はキットのモールドをそのまま使えますので、まずレンズの凸部にラッカーの銀色を(写真)を塗り、乾いてからエナメル系塗料のクリアーレッドを塗ります。

次に金属製パーツを奢ったオハユニ71のテールライトですが、こちらはクリアーのゴム系接着剤でを少量塗った後に透明なレンズを嵌め込みます。
1mm未満の小さいパーツですので、クシャミ等で飛ばさないように注意しなければなりません。

同じクリアーのゴム系接着剤で窓ガラスの塩ビシートを貼付け。はみ出したり作業中車体についた接着剤も、爪楊枝でくるくる巻いて外す事が出来ます。


車体の窓ガラス張りが終わったところで、便洗面所窓ガラスに、スリガラスの表現を追加します。
キットにスリガラス分の塩ビシートが入っていましたが、これは紛失してしまいましたので、代わりに両面テープとセロハンテープを使ったスリガラスを導入します。
とはいってもやることは簡単で、両面テープの片側にセロハンテープを貼り(ホコリが接着面に付かないようにするため)、窓寸法より大きく切って、窓にペタと貼るだけ。

メンディングテープで再現するより、ちょっと目の粗いスリガラスになりました。


ここまで仕上げたところで、4両の客車を見てみますが、クリアーの吹き方が拙かったのか、実感的な範囲を超えて一部の車両の塗装が白化しているような気がします。
特に写真中央のスハフ32は、白化が著しく、他の車両と見比べてみても目立ちすぎるため、塗装をやり直すことにしました。



水戸線蒸気時代の客レ24-3両完成2014年10月11日 08:55

第二次世界大戦直後の混乱期、旅客車両が足りず被災車両のスクラップを直して復帰させた「戦災復旧車」。その存在をGMカタログで知ったのが約30年前(確か80系「草津」の電源車の記事だったと思います)。
最初は人ごとだと思っていたのですが、地元を走っていた水戸線でも旅客輸送をしていた(それも戦災復旧車としては一番最後まで)と知って、俄然作りたくなったのが今年の冬。

夏に工作を始め、両数が少ない割にはかなり手こずりましたが、とりあえず完成しました。新幹線が開業した50年前、「水戸線蒸気時代」の旧型客車です。
編成は客車が足りておらずすごく短い(今回はオハ61の1両だけ)ですが、両端を荷物合造車で固めた姿は一応再現しました。


車内には客室・デッキ・荷物室・トイレの間に中仕切りを設置します。
客室・デッキ間の中仕切りも、トイレの中仕切りもキット付属品では不足しており、足りないところはプラ板を茶色に塗って切り出して接着しました。

車体と床下の固定には、今回は細く切った両面テープを使用しました。

両端の合造車は、片方はオハユニ71ですが、もう片方は特急あがりのスハニ35。
こうして見比べてみますと、両者の「格差」が改めてよく分かります。
また、オハユニ71ですが、窓は小さいものの2段窓になっていたり、郵便室の扉が片開きになっていたりと、どことなくアメリカンな雰囲気もありそうです。

【反省点】
今回の工作では、「車体切継ぎをせずに、扉くり抜きと窓埋めで合造車を造る」ことを目標にしました。結果的にくり抜いた残り部分の強度が足りず補修が必要となったり、扉寸法や切り口仕上げが適当になってしまったり、といった問題があります。いま思えば、模型仲間のar-2氏が先行して製作したオニ70のように、普通に車体切継ぎで造って、あとからウインドシル・ヘッダーを復元した方がよかったのかもしれません。
もう1つ大きな反省点が「仕上げをサボって缶スプレーの艶消しクリアーを使ったこと」。残りが少ない缶スプレーを使って大急ぎで仕上げた事もあり、厚塗りとなってしまいました。艶消し感と劣化して白化した感じはエアブラシで吹く艶消しよりもオーバーに再現されていますが、一部白化が著しくて塗り直さなければならない車両も出てしまったのが残念です。

最後に、モジュールに置いてもうちょっと写真を撮りました。モジュールは暗色の車両が引き立つ雪のモジュールです。
架線柱が無く北海道のような雄大な景色の中を、寒冷地仕様のC58に牽かれた普通列車が走ってゆきます。

アングルを変えてもう1枚。オハユニ71も大概草臥れていますが、すれ違うスハニ35(急行列車でしょうか?)も、かなり草臥れた外観で、幹線を追われ都落ちした雰囲気が漂ってきそうです。


【製作記事へのリンク】
〜中間2両も完成(2014.12.29加筆)〜

〜塗装と仕上げ〜

〜車体の箱組みとディティーリング〜

〜箱組み前の車体ベースの工作〜

〜構想〜