ミニレイアウト01-線路の配置2014年10月20日 22:45

今回作るレイアウトですが、何をモチーフにするかは割と早くから決めていました。
山あり海あり、妻の出身の鎌倉を走る江ノ電をモチーフにすることにしました。
川や海は無いですが、単線で併用軌道があって・・・、小エンドレスでも変化に飛んだ走りを楽しめそうです。

併用軌道用の線路もシステムで揃うようになり、いい時代になったものです。

さて、線路が輪っかになったところで試運転続行。今回は貨物列車を行ってみました。

路面列車に貨物とな、と思われるかもしれませんが、機関車が電気かディーゼルかの違いはありますが、昭和50年代まで現存していた北九州市電では普通に見られた光景です。
車長の短い車両が多いこともあり、思いの外いろいろな車両が急カーブを苦にせず走って行きます。
実は貨車は小レイアウトと相性がいいのかもしれません。

路面用線路(ミニカーブレーレ)の裏側には、「切ってください」と言わんばかりの溝があり、そうでなくても製品のままでは幅が広くてベースからはみ出してしまうので、切って削ってをしました。レイアウトベースに納めるためにはもう一削りする必要がありそうです。

削ったベースで、日立電鉄を運転。
併用軌道はともかく、このレイアウトにはやはり小型車両が似合いそうです。
いままでレンタルレイアウトの雄大な風景ではアウェー感のあった小型車両には、打ってつけの活動場所になりそうです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック