ミニレイアウト08-鉄道模型と一緒にバスは如何ですか?2014年11月01日 09:50

40代に突入しましたが、全く持って電車ごっこを自重できていません。まるで「逆コナン」のようです。
勢いでこんなのまで買ってしまいました。

トミーテックのバスコレ走行システムです。Nゲージサイズのバス模型として大ヒットした「バスコレクション」の車両を自走できるようにするもの。
バスコレクションは2003年に発売されたプラスチック製のバス模型ですが、安くて品質も良いことから現在に至るまでシリーズ化が進んでいます。
これが「自走」すればいろいろと楽しいところですが、普通の鉄道模型では線路が担っている「電気の供給」と「ガイド」を線路に頼れない。そのため、「バスモデルの自走」はハードルの高い問題でした。
(ヨーロッパの鉄道模型では以前から「自走する自動車」があった模様です)


しかし、バスコレクションのシステムに合わせた走行システムが発売されました。
それほど高額な製品でもなく、よくシステム化された製品で、欲しいなとも思っていましたが、組み立て/解体が面倒なので「バスコレ走行システムを組み込んだ固定式レイアウトを作るときに買おう」と思い、発売されて数年間買わないままでしたが、今回工作中のミニミニ路面レイアウトに導入するため購入。


早速バスコレに組み込んで走行。手持ちのBU04にポン付けでセットします。動力ユニットはボタン電池で走るもので、車体にスッポリと納まり、実感的です。
動力ユニットは1個2000円〜3000円と高価なので、出来るだけ「着せ替え方式」で使い回す予定です。

鉄道模型のレイアウトと同じように小判型に線路を組み、その中を周回させます。バス停部分はスイッチになっており、通過と停車が選べます。

早速、レイアウトに組み込んでみました。動画でご覧ください。


同じトミーテックのワイドトラムレールと共通のシステムであり、合いは抜群です。バスコレ走行システムの道路幅が広い事もあり、急カーブを曲がっても電車とバスで車体があたることはありません(電車線路は半径14センチ、バス軌道は半径10センチ)。

しばらくはバスコレ走行システムの勉強をしながら、うっとりしています。