「オタク市場」としての鉄道模型を考えてみる2014年12月09日 22:37

今日、「矢野経済研究所」が、『「オタク」市場に関する調査結果2014」』なるサマリーを公表し、多くのネットニュースで取り上げられました。
面白そうなので、帰りの電車で酒の肴にいろいろ考えてみました。

⚫︎鉄道模型市場の「小ささ」
2013年の鉄道模型の市場規模は前年度比1.1%増の88億円(国内出荷ベース)、プラモデル市場の約1/3、ボカロ市場やトイガン市場と同程度の規模です。
他のオタク市場が軒並み100億越えの市場を築いているところ、感覚的には思ったより少ない感がします。
何故か考えてみると・・・。
今回調査対象になったオタク16品目の中で、オタクにとって「中古」の価値がありそうで「中古品」市場が発達しているのに「出荷金額ベース」での統計にはそれが反映されない、という問題がありそうです(中古「出荷」としてカウントされていない、と妄想しています)。このへんを掴む統計が分からないの適当に発言すると、中古品を含めた鉄道模型市場は、100億に手が届きそうな気がします。
それでも、オタク16品目の中では下位グループですが。

ここまで書いたら電車が駅に着いてしまいました。続きはプレスリリースとにらめっこで考え中です。

(以下12/10加筆)
それにしても、「オンラインゲーム」の市場を「インターネットに接続しながらプレイできるゲーム」の売上高、としてカウントしているのは、「オタク市場」の母集団としていかがなものか感がします(「ケータイで遊べるスマホゲームを買った人」=他のオタク15品目に (*´Д`)ハァハァしている人、を同じ人数として数えていいの?的に)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック