ミニレイアウトの工作25-路面の工作2014年12月12日 23:48

路面レールとバスコレ走行システムの道路は敷きましたが、それ以外の道路をどう作るか?が問題です。ベースは5mm厚のウレタンで作ったのですが、表面の路面はプラスチック以外の素材ですと微妙な質感差が出そうですし、プラスチックだと硬くて切るのが('A`)マンドクセですし...
と工作を進めるのを億劫がっていたら、時間ばかり過ぎていきます。

考えているだけだと時間ばかり無駄に過ぎてしまいますので、まず手を動かして工作開始。

もとの道路パーツの角を蛍光マーカーでなぞり色を付けてから、1,2ミリ厚のプラ板を当てて切り取りのラインをプラ板に描きます。
その後、出来るだけ均一な円になるように切り取りラインに沿ってプラ板を切断。微調整はヤスリで行います。

5ミリのスチレンボードに1.2ミリのプラ板だと微妙に高さが足りないため、プラ板の下に、0.3ミリ厚のプラ板を貼ります。スチレンボードとプラ板をゴム系接着剤で接着した後、プラ板同士、またワイドトラムレール及びバスコレ走行システム道路とプラ板をプラ用接着剤を流して固定。

ここまで工作を始めて1時間半。やはりプラ板を切り取って工作するのは、結構メンドクサイです。