2015.3.14ダイヤ改正と上野東京ライン2014年12月19日 23:23

今日、JR各社が来年春のダイヤ改正について記者発表しました。
北陸新幹線の開業、北斗星の廃止、東海道新幹線のスピードアップといろいろありますが、個人的には上野東京ラインの開業が一番のニュースです。
JR東日本の記者発表を見ると、上野〜東京間を直通する全列車の時刻が載っており、なかなか興味深いです。

終電で酒の肴にツラツラ見ていて目を引いたのが、「東海道線の快速アクティーが宇都宮線に各駅停車で入ること」、「東海道線と常磐線の列車番号がガラリと変わること(東海道線は番号末尾がEになり東北線高崎線の付番を踏襲した番号に変わっている)」、「いまのパターンを踏襲した(東海道線は10分おき、東北線・高崎線も東海道線に無理なく時間が合っている)時刻ではあるが、特に東北線下りに向かう列車で折り返し駅にバラツキがあり、末端部のパターンダイヤが崩れがち」「常磐線の朝ラッシュは品川行きの5本中2本が成田発」でしょうか?

何となく「来年春」が見えて満足してしまいました。。。?

コメント

_ asi ― 2014年12月20日 21:08

沼津発宇都宮行きとか誰が乗るんでしょうね?
と思いましたが3時間弱ならそうでもないかな?

_ クロ ― 2014年12月21日 22:32

asiさんコメントありがとうございます。

今回の上野東京ラインの時刻公表では、沼津〜宇都宮のみならず、熱海〜前橋・黒磯、宇都宮〜伊東など、200kmを優に超える長距離列車が設定されており、思わず胸が熱くなります。マニアなら乗ってみたいところです。

これらの長距離列車は、JRの中の人があまり考えずに、いまの東海道線と宇都宮/高崎線の長距離列車をつないだだけ、と私はみています。
実際運行してみて不都合があれば、その時点で区間の短縮を図るのではないでしょうか。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック