あけましておめでとうございます & ミニレイアウトの工作34-道路と線路の再塗装2015年01月01日 08:00

あけましておめでとうございます。本年も泥酔鉄道ブログをよろしくお願いいたします。
今年は、家から近くにある東大宮の陸橋で、初日の出を拝みました。

夜が明ける前、2014年の暮れから2015年の未明にかけて、テレビを見ながらミニレイアウトを弄っていました。
アスファルト舗装面の塗装が、どうすれば実物に近くなるか気になっていたのですが、年明け前に近くのおもちゃ屋に行き、プラカラーのうち近そうな3色を適当に見繕ってきました。
そのうえで実際に塗料を試し塗りし、実物の写真(写真下)と見比べてみてみます。
選んだ中では、写真一番左の「Mr.カラー36 RLM74グレーグリーン」が一番実物の色合いに近そうです。グレーの濃さやちょっとグリーンがかっていて、少しクセがあるのが逆に良かったみたいです。

早速エアブラシでレイアウトの舗装面に塗装。。。
ところどころ塗りムラが出ているのは、多分グレー(半艶)の上に吹いた艶消クリアのせいです。
このときと同じような白化が起きたものと思われますが、これではみっともないので、再度エアブラシを出してグレーグリーンを上塗り。
結構濃いめのグレーとなりました。カラー舗装面のマスキングもまずまず。

トンネルポータルにはMr.カラー31の軍艦色を、トンネル内にはマットブラックを再度吹き付けて色調を整えます。

トンネルとは反対側のカーブは、熊本電鉄の併用軌道のような長踏切にしようと思います。
まずは写真上のように1mm角のプラ棒で護輪軌道を再現。犬釘にくっつくように曲げながら接着します。本当はもっと護輪高さが高い方がレール面とツライチに近くなって良いかもしれませんが、あまり「作り込み」が過ぎると、肝心の走行性に何が出るため、やり過ぎは良くないところです。
あわせて、踏切端部には同じ1mm角のプラ角棒を並べて踏切を再現します。
線路以外をマスキングし、マホガニーを吹いて乾燥させると、写真下のとおりとなります。
この区間は、線路間と線路際の両方に、ライトグレーのバラストを撒いて仕上げます。

本年も、泥酔鉄道ブログをよろしくお願いいたします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック