あの頃の真岡線と下館駅に逢いに行こう2015年05月01日 23:59

朝、出勤途中にスマホと戯れていたら、すごいサイトに出逢いました。
懐かしい駅の風景~線路配線図とともに 下館 1987/9/6 動画 その1
駅構内配線と入換作業を主体に纏めているサイトですが、何と第三セクター移行前の、JR真岡線の姿が動画で記録されていて公開されています。

時は1987年、JR発足初年。まだ国鉄時代のシキタリが色濃く残る時代。特定地方交通線のレッテルを貼られたものの、第三セクター鉄道への移管で鉄路を死守した真岡線。移管スキームの絡みで、色々なところが「当時感」溢れています。
まさかビデオで残して頂けていたとは・・・・(感涙)
真岡駅の入換も、迷彩塗装の機関庫も、腕木式信号とタブレットから成り立つ至極人間臭い鉄道保安も、いちばん端っこだけ非冷房な401系電車も、クーラーが載っているのに電源が無くて冷房の効かないキハ28も、まだまだ中堅戦力で活躍するキハ45も、川島でセメント車を切り離して身軽になった下館行き5791列車も、朝の通勤輸送を終えて真岡支区に帰る気動車6両編成も、何もかもが激しく懐かしいです。。。
本当にもう、大満足です。

真岡線と下館駅/真岡駅だけで大満足でしたが、この他も濃厚なコンテンツがいっぱい。連休は懐かしい駅の風景~線路配線図とともにを、動画とともに楽しんで過ごすのも、良いかもしれません。

EF81 812015年05月02日 23:46

1年近く前、ジャンクで購入したEF80とEF81を仕上げる記事を書きましたが、EF81はお召し列車牽引の栄誉に浴した81号機に仕上がりました。
 * ゚・*:.。.:*・゜+ (ヨ(* ´∀`)E) うそです +.:*・゜゚・*:. *
つい魔がさして、発売されたばかりのKATOの完成品を購入しました。
家に配達されたときに妻が受け取ったのですが、最初は妻宛ての「(^・^)いっぱい」の荷物だと思っていたみたいです。

そんな訳でご開帳。
鈍く光沢を放つ塗装が美しいです。
ところで、トミー(写真右)とKATO(現行ロットは写真中央、1980年代末の最初期ロットは写真左)のEF81ですが、KATOの現行ろっとは少々ライトが小さく、全面窓が高いような気もします。もっとも、言われてみないとわからない程度の差異です。

しかし、厳しい要求に応えるべく、最新の技術で作られた模型ですので、このまま走らせても十分幸せになれます。最初81号機を作ろうとして放置しているトミーのピンクの機関車(写真右)は、別の機関車に作り変えることにします。

しかし。
もうすこし作り込みたいと思い、このまま走らせ・・・るのはおろか、線路に置くこともなく、この機関車は分解してしまいました。

果たして一体、どうなってしまうのか!?

はじめて真岡鐵道のSLに乗ってきました2015年05月04日 23:37

連休前半は、実家詣でで神奈川と茨城に行ってきました。
小山から乗った水戸線は、そろそろ引退が見えてきた415系電車です。編成番号はK528、いま残る最若番の編成です。

国鉄時代に増備された415系電車は、号車番号の裏に、謎のアルファベット1文字「は」が、号車表の後ろに貼られています。
一体何を意味する記号だったのでしょうかこれは・・・

実家の墓参りからの帰り道、真岡鐵道のSL列車が通りかかったので、スマホで撮影。
登り坂ですので、煙もいっぱいです。

そのSL列車でしたが、運行開始から20年を経て、すっかり沿線の風景に溶け込んでいます。
いままでは沿線から見るだけでしたが、今回はじめて念願が叶い、折本〜下館間の1駅間だけでしたがSL列車に乗ることができました。
電気機関車やディーゼル機関車とか異なり、発車時機関車から唸り音のしない、静かだけどちゃんと加速していく、独特の感覚です。
それも、水と石炭を人力で燃やして走る、原始的な原理で。

いま見れば見るほど、SLはドラマチックな乗り物でした。

サウスショア線の2階建電車12-窓埋めの続きと低屋根の工作2015年05月05日 17:36

火曜日、こどもの日。
連休前半での親戚宅詣でで疲れたので、今日は1日家でゴロゴロしたり家事をしたりしながら、サウスショア線の電車の工作の続きをしました。

29日に工作をした続き、窓埋めした場所を平滑に削り出します。朝早起きして、洗濯機を動かしながら、工作開始。
29日に窓埋めした際、接着剤が窓周辺のコルゲートにかかってしまいました。実車は扉部分までコルゲートが連続しており、今回の模型でもそのように作りたかったのですが、接着剤が飛び散って固まり、補修は難しそうです。
その範囲も含めて今回平滑に削りたいのと、これ以上工作によって傷がつく範囲を広げたくないため、削る範囲(概ね上下コルゲート2段分)を残してマスキングテープで覆います。

削る作業は定石どおり紙やすりを使用。削る部分を濡らしながら400番→600番→800番・・・と徐々に細かくしながら削り取ります。

削り終わったら、削り漏らしや孔の埋め漏らしがあるか確認するため、削った部分周囲をペンで塗って確認します。今回は手持ちのポスカを使用しましたが、これだと厚塗りになってしまいますので、止めたほうがよさそうです。

その後、パンタグラフ設置部分の屋根を切り継ぎ(101系用低屋根パーツを転用)で設置します。
まず切断部分(車両隅の屋根部分。概ね窓2個分)をレザーソーで切断。

その後、切断部分を置き換えるように、低屋根パーツを接着。屋根の水平/垂直がそれなりに出るように、また隙間が出ないように適当に接着します。

接着剤が固まるのを待ちます。

サウスショア線の2階建電車13-中間ドアの移設と改造2015年05月06日 13:24

連休も今日が最終日。天気も良く出歩きたくなりますが、そろそろお金の使いすぎが心配なので、昨日今日と家にこもって工作しています。

サウスショア線の電車ですが、中央部の扉の造りがベースとなるギャラリーカー客車に対して異なります。
ベースとなる客車は、中央部の扉は低床式ホームに対応できるよう低い位置についていますが、サウスショア線電車は高床式ホームにのみ対応する形ですので、もとの扉をくりぬいて付け直す必要があります。
まずは、扉周りをカッターで切って、デッキもあわせて切ってしまいます。

くり抜いた扉周りは、ヤスリで切断線周囲を削って形を整えた上、高さを詰める(今回の作例では、車端部の扉に転用するクハ115貫通扉にあわせて、扉下14cmの位置で切断しました)

また、車端部の扉は、中間部の扉にあわせて吹寄の補強材を表現します。扉周りに1mm角のプラ棒を接着します。中間扉と比べて補強材がちょっとゴツいですが、手持ちの材料で一番すっきりと再現できそうです。

扉をくりぬいた部分も、削って整えた後、扉裏部分にプラ板を切って接着。
扉部分が無くなったことによる強度の低下を防ぐためと、扉をもとの位置に正しく接着するためです。

扉を高さをあわせて接着。接着剤が固まるまではテープで固定して、位置が動かないようにします。
ただ、どうしてもカッターの刃が通ったことにより、扉周りの切断痕に0.数ミリの隙間が発生してしまいます。

隙間部分は、周りをマスキングテープで覆った後、パテで隙間を埋めます。
パテは削った後、扉周りの吹寄補強材とツライチになるよう、たっぷり掛けます。
たっぷり掛けても、マスキングテープで保護しているので、扉以外への付着は・・・多分、大丈夫なはずです。

GW終了のお知らせ2015年05月07日 23:15

楽しみにしていたゴールデンウィークも呆気なく終了。次の弾けチャンスたる夏休みに向けてしっかり働く季節になりました。

というわけで、今日も終電1本前で夜間飲み鉄。
帰ってから工作できるかな〜

千葉へ…2015年05月09日 23:06

所用があり、前の見晴らしが良い電車に乗って、千葉へ行ってきました。
この運転台の低さと運転室を通しての見晴らしのよさ、1980年代の国電に対する私鉄電車みたいです。

用事が終わり、帰りの快速電車で一杯きこしめていると、通過待ちで駅に到着。
後方、ヨシ(酔)
。。。駄目ですね。。。。

埼玉から千葉に行く行きがけで、工作関係を含め、いろんなものを買ってきました。