モジュールの試運転2015年06月08日 07:41

雪山モジュールの雪も程よく固まったのを見届けて、試運転です。
今回持参するモジュール4個を組み合わせました。
まずはモジュールの複線と路面モジュールの単線とに、レール清掃車を吸引モードで数週走らせます。
走らせた後の吸い込み部分を見ると、雪屑と埃が一杯詰まっています(ー ー;)
気管支に悪そうなので濡れ綿棒で丁寧に除去してから、レールクリーナーを使う拭き掃除モードにして、再び数週走らせます。

その後、車両の試運転。連結面間に柔軟性がなく線路の凹凸に追従しにくい車両からテストです。
まず北斗星フル編成とICEの8両編成から。
北斗星は、機関車の次の連結器が今ひとつで、右カーブと線路の凹凸とが重なると自然に機関車から離れる傾向があるみたいです。車体マウントの凝ったカプラーが付いていますが、普通の台車マウントでいいのに、とも思います。
一方のICEですか、転がりが悪く動力車が片方の先頭車といった極悪仕様ながら、両方向ともちゃんと走ってくれました。

車両を替えて、車体マウントTNカプラーを装備する気動車と、同じく車体マウントのカプラーのE531系電車を、実車より長い17両編成に組んで試運転し、お開きとしました。

来週土曜日で持っていく車両の試運転をやり切らなければならず、チョットしんどいところです。

(自分専用メモ)モジュールオフ持参車両案2015年06月09日 07:44

6月20日からのモジュールオフに持ち込む車両を検討。忘れないようメモ書き。
⚫︎持ち出せる荷物の制約
キャリーケース1個(A4ブックケース12個、バラ車両20両程度、パワーパック3個)

⚫︎最近増備した車両
EF81 81
50系客車
E233系5両
E531系5両

⚫︎想定キーワード
EF81と仲間たち
上野東京ライン

⚫︎持参車両(ブックケース)
E231系・E233系(ブックケース1・2)
E501系・E531系(ブックケース3・4)
コンテナ車(国鉄・JR)(ブックケース5・1ケースに集約)
有蓋・無蓋貨物(ブックケース7)
タンク車・ホッパ車(ブックケース8)
荷物車・安中貨物(ブックケース9)
普通・急行客車(ブックケース10・1ケースに集約)
北斗星(ブックケース11)
気動車?スーパーひたち?小型電車?踊り子?103系常磐線?(ブックケース6・12)

⚫︎持参車両(バラ)
キャリーケース残容量をみて現物合わせで選定

興味が薄いからこそ足取り軽く動ける件2015年06月10日 06:44

先日、作ったばかりの併用軌道レイアウトを持ち出して運転していた際、見ていたお客様から「単線だし名鉄の併用軌道区間みたいだ」と言われ、たまたま持って来ていた名鉄の小さい電車を出して走らせたら、大受け。

「なるほど、名鉄か」。
国鉄〜JR志向、大型電車志向、関東志向が強く、いままで興味をあまり持っていませんでしたが、名鉄は名鉄でも、10年ほど前に丸ごと喪われた、岐阜をターミナルとする600ボルト区間。
路面電車との直通あり、小さくて古い電車の単行あり、連接車ありの、鉄道ファン目線で見るとなかなか魅力的な路線だった、と聞いています。
そんな名鉄の車両ですが、gino-1氏の形見でいただいたモ750が1両だけで、ちょっと寂しいです。
なにかお供が欲しいところですが、実車の情報も大変多く蓄積されており、一旦こだわり出したら、何をするにもこだわりポイントが多く、それに嵌って身動きが取れなくなりそうです。

そこで、こだわりは敢えて捨て、鉄道コレクションのストックを塗り替えるだけで「名鉄っぽさ」を超お手軽に表現出来る増結車を作ることにしました。目標は今週土曜日完成(キリッ

まず候補の1両目は、日立電鉄モハ2500。車両の長さも名鉄のそれと同程度で、雰囲気は悪くありません。

候補の2両目は、一畑電車の旧型車。先の日立に比べて若干尺が長いですが、リベット一杯の車体といい客窓の寸法といい、名鉄750の兄貴分みたいです。
車両の幅も狭目で、思いのほか車体幅が狭い名鉄750に近い雰囲気です。

カーブモジュールの製作27〜とりあえずの完成2015年06月11日 23:14

モジュールオフを前に、カント関係の修正をおこなっていたカーブモジュールですが、試運転の成果もまずまずでしたので、水曜日の夜、工作出来る時に一気に仕上げました。

まずはバラスト巻きの関係で一旦外していたトンネルポータルの再設置。接着剤をペタペタするして、一旦乾かします。

続いて、雪山の樹木を再設置。レイアウトを見ながら、継ぎ目をカモフラージュしたいところやなんとなく木が足りないところを補足します。

ペヤングと鉄道模型(駄)2015年06月12日 07:30

いま話題のペヤング、残業の時に食べたけど。

蓋がフィルムに変わってるのね。丁寧にもちゃんとプラスチック整形が印刷されてるし。
ちまたで「だばぁロス」なる現象が話題になっていて、みんなどんだけ注文が多いんだよ、と思いました。
(だばぁ:旧ペヤング蓋は立て付けが悪く湯切失敗して麺が流出すること)

∑(゚Д゚)ハッ
30年くらい前のグリーンマックスのカタログに「ペヤングの蓋は極薄のプラ板として鉄道模型の工作に使える。しかもタダ」旨が書いてあったような。
もうその技法使えないじゃん。

∑(゚Д゚)ハッ
ここまで書いて、ちょっと前にうちの工作用プラ板入れに「ペヤングの蓋」が入っていた事を思い出し、自分のシミッタレ振りに唖然。。。

(※画像はフリー素材です)