下館レイルフェスタ2015夏2015年07月21日 07:29

梅雨明けで猛暑の3連休。初日は仕事、3日目は買い物に行っていましたが、中日中日は茨城県筑西市の後援を受けて開催された公開運転会「下館レイルフェスタ2015夏」に参加してきました。


会場はこんな感じ。筑西市保有のパネル展示と、G・HO・N・Zの4規格の鉄道模型の運転が行われました。

パネル展示では、昭和20年代末に取手〜下館を60分で結んだ、常総線ディーゼル特急「しもだて」の展示もありました。いま運行されている常総線快速にもつうじるものがあります。

また、会場では、HO・N・Zの3種類の大きさのC11型機関車をならべての展示も。
親子というか、ミニチュアのミニチュアみたいな感じが微笑ましいです。

Nゲージのエンドレスを借りて、買ったばかりのC12を走らせます。音もなく快調に運行。

また、今回は公開運転ということで、久しぶりに無線カメラカーを持参し展示運転を行いました。映像が白黒映像しか出ず、これからの課題です。

また、今回は「茨城の車両」という課題が出されたため、茨城を走った中でも珍車(常総線のキクハと4扉気動車、常磐線の2階建列車)を運転しました。

最後はブルートレイン「北斗星」。来場いただきましたお客様にも「ブルートレインだ」と話題にしていただけました。

今回の公開運転会では多くのお客様が来場していただき、とても嬉しかったです。
今回のイベントを主催した下館レイル倶楽部の皆様、後援していただきました筑西市の皆様、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック