阿川弘之「南蛮阿房列車」2015年08月07日 05:12

今月に入って、「山本五十六」「雲の墓標」などの著作の、阿川弘之氏が亡くなりました。

代表作とも呼べる上記の著作や、最近の旧仮名遣いの随筆等は読んでいないのですが、氏の著作である「南蛮阿房列車」「南蛮阿房第二列車」は、好きで何度も読み返していました。
内田百間の「阿房列車」の、汽車に乗ることだけが目的の旅行記のを継いで、「二代目阿房列車」の「運転」を世界レベルでで行ったものです。



写真など無くても、文字だけで窓外に広がる情景があたかも車窓を見ているように連続して浮かぶようで、「旅行記」っていいものだと思うようになりました。

阿川氏の「南蛮阿房列車」は2作で終わりましたが、、文庫版でその解説を書いた宮脇俊三氏が「写真などいらない。否、邪魔」と纏め、その宮脇氏自身、良文でのも鉄道旅行記を長く著していました。
しかし、以降、鉄道旅行記の世界はなかなか有名な人が現れなくなります。正直「宮脇俊三の後継者」と呼ばれる人の文章をみても「文字だけで窓の外の情景が浮かぶ」世界に連れて行ってくれないのです。最初のハードルが高すぎたのでしょうか。
自分も新しい鉄道旅行記はあまり読まなくなりました。



ところで、このブログは、「まず写真を出して、その解説として文字を書く」反文学な書き方をしています(それ以前に、そもそもの表現力が不足している・・・)。
世で見るすぐれた旅行記の多くも、上記の「写真」が主役の書き方をしているように思え、「写真なぞ邪魔」を志向していない気がします。
それはそれでたいへん楽しいのですが、どうしても「写真で切り取った瞬間」の「点」に焦点が集まってしまい、文字しかないからこそ車窓が連続して想像できる「異体験」は味わえないような気がします。
「写真なぞ邪魔」を志向し実現できている旅行記、はそういう意味で重要な存在であると考えています。



そういう意味でも、「南蛮阿房列車」は、読むだけで世界の鉄道旅行を追体験させてくれる、重要な一冊だと思います。

今年の18旅行(未遂)2015年08月08日 00:00

ほんとなら、今日は朝から徹夜明けの体を引きずり、青春18切符片手に呑んだくれることなく(多分無理)北ぬ向かう鈍行列車の中でコックリ舟を漕いでいる・・・はず、でした。。

しかし猛暑にやられたせいか、心身共に旅気分は萎えてしまったため、今日予定していた18切符での夜行明け単独行は、延期することにしました。

いまは家で休んでます。そいで夜が明けたら何して過ごすか。。。

ヒガハスで北斗星を迎える2015年08月09日 09:42

2015年8月9日 北斗星

自宅から歩いていけるところに、所謂「ヒガハス」があります。
全国的に有名な鉄道写真の撮影地ですが、撮り鉄趣味はあまり無いことから、家族での話題にはなっても、自分が直接ここまで出向いて写真を撮りに行くことはありませんでした。
ただ、昨日は家事と車の整備が終わったら、ちょうどいい時間に暇ができましたので、缶ビールとコンデジとスマホを持って、ヒガハスに遊びに行きました。


ヒガハスに来られる皆様はみな素晴らしいカメラを持っており、コンデジとスマホでは到底張り合えないと思い、捻ったアングルでまず1枚。ヒガハスだけに蓮の畑を手前に持ってきた、ダジャレのようなカットでまず1枚。
ただ、これだと列車があまり目立たちません。
 
ちょうど夕方の、西日のあたる時間。ステンレスの側面に西日があたり、印象的な写真になりました。
 
そんなこんなでグズグズしていたら、カシオペア接近。今日は「北斗星」の日だと思っていましたが、情けないことに時刻表を見間違えていたみたいです。前面は暗くなってしまいましたが、機関車もシルバーですので西日を照らし返しています。
 
明けて9日。ヒガハスの下蓮田踏切前に到着。数十人のファンがいましたが、混乱はありません。今日は高曇りでしたので、影も出ず写真を撮ることができました。

今回、スマホで動画も撮りました。手持ちでしたので、ちょっとブレ気味です。一脚代わりに地鶏棒を用意する方がいいかもしれません。

パンタグラフの交換補修2015年08月10日 05:44

土日の工作は、撮り鉄の合間を縫って、少しずつ壊れた車両の補修を行っていました。

まずはパンタグラフ。
東武50000系TJライナーのパンタグラフですが、1箇所破損していましたので、メーカー指定の分売品に交換します。
そういや昔同じ東武の30000系を入手したとき、パンタグラフの上昇姿勢が気に入らない、といって別メーカーのパンタグラフ(TOMIX C-PS27・・・ではなくPT7113Dでした。訂正します)を装備したっけ。。。帰ってから過去記事を調べて分かりました。
なんだか模型に対する姿勢というか情熱というか。。。だいぶ衰えているような。

同じくパンタグラフを載せ替えたのは、マイクロエースの417系電車。少し前まで仙台周辺で運用されていた電車で、5編成しかないマイナーな車両です。編成数が少ないことから、現場でも運用しにくかったのではないかと思います。
また、いまにして思えば、新潟〜酒田の羽越線周辺に持ってきて使用した方が、仙台近郊では過剰であった充実した耐寒・耐雪装備や交直両用の電気設備を、無駄にせず活用できたように思います。
国鉄末期のローカル線の救世主として登場した(キハ40系や50系客車と同時期に生産されました)割には、存在感の薄さも相まって、いろんな意味で不遇な車両です。
こちらもパンタグラフが破損して、さらにメーカーの分売もありませんので、他の車両からパンタグラフを持っていきます。
ベースとしたのはKATOの415系。しばらく前に入線したのですが、思うところがあり使用しないで放置しているものです。
この車両のパンタグラフを撤去し、417系に載せ替え。最近の製品らしく、パンタグラフを支える碍子がちゃんと高い製品です。

マイクロエースの製品も、KATOのパンタグラフも、パンタグラフ本体は4箇所ある碍子部分を屋根の細穴に通して固定するタイプですが、残念ながら両者では細穴の位置が車体長さ方向であいません。
そのため、屋根に0.8mm径のドリルで孔をあけます。

そのうえでパンタグラフを直接取り付け、孔がすこし緩いので木工ボンドを流して押さえます。

本当ならプラスチック小片を1.5ミリ四方に切り出してでパンタグラフ台も作り直してあげなければならないのですが、そこまでやっていると工作の規模が大きくなりすぎて、また途中で投げ出しそうになりそうです。
そうなっては元も子もないので、パンタグラフ台の作り直しは、次回の課題としました。

間もなくブログ開設10周年2015年08月11日 07:04

この「泥酔鉄道ブログ」を始めてから、ちょうど1ヶ月後の来月11日で、ちょうど10年になります。

泥酔鉄道ブログ10周年を機会に、ブログ右側のメニュー欄を(主に自分が)使いやすいように小改良しようと思います。

そのため、深夜(0時から6時の間)時々、改良作業のためメニュー欄の表示が一時的に変わります(新しい項目が増えたり減ったり時々表示がおかしくなります)。

他は変わらずぐでぐて更新を続けますので、引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m