対向式ホームの工作04-スロープの工作2015年12月13日 21:37

40年近く鉄道模型ユーザーに愛されてきた、トミーの対向式ホームに、自作スロープをつけてバリアフリー化する工作の続きです。

まずはスロープが付く基礎から。たわみにくい1.2ミリ厚のプラ板を、ホーム切り欠きに合わせて切り出します。

通路は幅1センチ(実物換算1.5m・下)でプラ板切り出したら幅が狭い感じがして、幅1.2センチ(実物換算1.8m・上)で作り直します。たった2ミリでもだいぶ違って見える気がします。 
ちなみに公共交通移動円滑化基準に拠れば、駅構内の車いすが通る幅は140cm以上とされており、幅1.5mでも同基準を満たしています。
なお、実際には他の法規や基準や構造計算、基準がないところも経済的に作るための内規やルールがあるため、今作っているものは指摘厨諸氏が指摘したら、その拠り所が簡単に崩壊するような代物です。

ここまで工作。接着剤をしっかり乾燥させます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック