関西超弾丸行05-京津線の魅力2016年02月17日 22:04

大通りの中を堂々と4両編成の電車が走る、京阪の京津線にも乗ってきました。
何コレ珍百景というべきか、こんなのが道路を走ってきたらビックリしてしまいます。
京津線
日本ですと、鉄道と路面電車の間は割とはっきり分かれていますが、海外ではライトレールというべきかインターアーバンというべきか、両者の間を埋める「施設の大袈裟さ」を持つ都市交通システムが多く普及しています。
いや海外ではなく日本でもそういうシステムはあり、今あるものですとその筆頭とも言える存在が、写真の京津線でしょう。
都市交通システムの「最適解」については、思うところがいっぱいあり、考えるだけで消耗して厭になってしまうのですが、もともと「大きい箱」が走ってくるだけで嬉しくなる人間ですので、時間を割いて京津線を見に来て良かったと思います。

また、京津線は、京都と大津の間を山を越えて走ることから、思ったより急勾配や急カーブが多く、登山鉄道並みに厳しい地形をこなす路線でもあります。

そして逢坂山を越えれば、湖都大津も間もなくです。
改めて乗ると、やはり魅力的な路線でした。
また乗りたいです。

京都といえばアニメ。京津線電車の車内にこんな広告を見つけました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック