荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)06:車体側板の工作2016年02月21日 21:32

日曜日は荷物電車を工作する日になりつつあります。

朝、まずは屋上配管の出来映えの悪さを確認するため、まずは屋上にグレーを吹きます(写真上)。
そのあと、塗った屋根上に従い、接着剤のハミ出しを紙ヤスリで削ったり、間違って開けたベンチレータ用の孔を埋めたりします。どっちも駄目ですね。。。(写真下)


屋根の接着剤が乾くまでの間、実車はツライチなのに何故か凹表現になっている、乗務員室扉も開けて付け直しします。まずは乗務員室扉を切断(写真上)
乗務員室扉をプラ板で自作(金属パーツもありますがパーツ代は酒代になりました。)。一応16枚作っていい奴を選ぶ作戦ですが合格は6枚もなさそう。
あとクモニ83→クモユニ82にするべく、窓埋めをしました。関連する窓柱は全部削り、厚板を1枚ペタリ(写真下)。
荷物電車の工作
ここまで工作して、車体も接着剤を十分乾かします。
多分続きは次の週末。。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック