荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)09:側板の歪み取り2016年04月03日 05:52

春休みは「年度末の締めと新年度の準備で、むしろ先生方は授業どころではない」ための休みだ、と社会人になってから知りました。
それでも、無事に年度が明けてはじめての週末は、今まで締めで忙しかったのが解放され、新年度の仕事もまだ動きが鈍く、懐かしい「春休み」の味がします。

そんな土曜日の朝ですが、寝れなくなったので工作開始。
1ヶ月ぶりにクモユニ82を出したら、窓埋めしたとこれが超反ってる。。、
「反り」の原因は窓埋め部分、埋める窓全体を横長に切り抜いてから肉厚の窓埋め材で埋めたところ、歪んだ状態で接着されてしまったものと考えられます。
モノグサして3つある窓を一気に埋めようとしなければ、こういう反り方はしないです。

そこで、一旦窓埋め材をカッターで切り離し、ガラス板の上で仮止めして反りが出ない状態に固定してから、瞬間接着剤を点付けし、窓埋め用プラ板を改めて固定します。
細かいところの瞬間接着剤の流し込みに有効なRedTechの先端部で点付けしましたが、もっと少量(針や爪楊枝で一旦受けて微量を流し込む)の方がいいかもしれません

接着剤が乾いて反りが収まったのを確認してから裏目からも瞬間接着剤を点付け(写真上) 。
瞬間接着剤が固まったら、側面の隙間を再度パテ盛りします。この状態で1週間ほど乾燥させます。(写真下)