厨浜電鉄ものがたり11-港町のターミナルステーション2016年05月09日 07:13


せっかくエアブラシを出したので、荷電と一緒にもう1個別のものを塗装しました。
荷電の下塗りは、下地処理やり直しの残念な結果に終わりましたが、写真の「港町のターミナルステーション」は思いの外うまく行ったので、勢いで仮組みまでフライングしてしまいました。

ベースにしたのはジオコレの消防署とGMキットの看板建築。
レトロモダンというかモダン方向に背伸びした結果、商店前面だけがミスマッチでゴージャスな感じです。
この「看板」部分を塗装。GMカタログてこういう建物の存在を知った人も多いのではないかと思います。

目指したのはこのイメージ。
TMS546号の「海辺のターミナルステーション」です。小さくて古びていながらも望楼があり当時精一杯モダンな建物を目指した、和洋折衷のターミナル。
さすがにそのまま模型化、は大変ですが、(特別先行晒し)「看板」はこう使います。市販品で近いイメージのものは狙えそうです。
なお、消防署は2階建て部分の幅を「看板」に合わせて詰めています。

ターミナル駅には「看板」部分のみ使います(看板以外の残りで、切妻構造の立派な商家が一軒出来ます」)ので、この部分を切り出して、壁は明るめのタン色に塗装しました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック