関鉄のゼロ08-完成しました2016年10月10日 21:09

今から約30年強、下館駅の数本の線路向かい越しに見てた関東鉄道常総線。いつもなら広告丸出しのちょっと垢抜けない車両群が出入りしていました。
そんな中、スッキリとした側面に整った両開き扉と前面方向幕も眩しい新車「キハ0」が出てきました。クーラーも無く、実態は国鉄キハ20の廃車発生品を多用していたものの、当時の国電に肩を並べる「新車」に、そのまま取手で国電に直結して東京まで直結する幻想を、小学生に抱かせるには十分な出立でした。

構想数十年、製作1ヶ月。
鉄道コレクション関東鉄道キハ310に便乗した、関東鉄道キハ0原型が完成しました。
関東鉄道キハ0


前面方向幕周りにHゴムを表現したくなり、今更ながら試行錯誤した結果、トレジャータウンの方向幕(細い方)を取り付け。正面のみ再塗装が必要になりますが、もうやるっきゃないです。。。

前面のナンバー入れ。
直にインレタを貼ろうとして塗装ごと剥がれたので、今回はクリアデカールにナンバーを転写してスライドさせます。あわせてデカール貼りで表現する検査表記もこのタイミングで転写。

もちろん(?)番号は007(!)+008の2両です。
前面の方向幕は偶数車キハ008はグレーのポスカでゴム部を塗ります。

完成です。
行き先は片方ずつ「取手」「下館」にしました。
これで昭和末期から平成初めの、通勤輸送に過剰適応した魑魅魍魎なDC軍団と一緒にして遊べます。
今思えば、オデコの切継はトレジャータウンのパーツを使えば作業不要でした。
それも含め、作ってみなければ分からない、いい思い出です。

※今後も関東鉄道グループの各気動車は少しずつ作り続けそうですので、新カテゴリー「関東鉄道(グループ)の工作」を設けました。

●関鉄のゼロ(キハ007+キハ008)製作記事目次

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック