埼玉鉄道模型フェスタに行ってきました2016年12月26日 07:21

一昨日・昨日とさいたま新都心で開かれておりました「さいたま鉄道模型フェスタ」に行き、思いのほか散財してしまいました。
買ったものは中敷用ウレタンフォームにバスにコンテナに3Dプリンタ製パーツと多岐に渡りますが、各々が手持ちの模型関係のコレクションルイを力強く補強するものです。
中でも一番の収穫が、銀河モデルのKATOダミーカプラー用TNカプラーアダプター。車体マウントで胴受けやスカート周りの形状に優れたトミーテックのTNカプラーを安定して装着させる部品で、たいぼうのせいひんでもありまとめ買いしました。
これのインプレッションは後日行います。

今回買ったのはTORMの10両用ウレタン。車両収納用のウレタン材ですが、手持ちの「さよなら北斗星」の中敷をこれに交換することで、車両の収納力が14両から20両にアップ。
食堂車と電源車を除く客車の大部分は長さがあるため8両しか収まりませんが、ちょうどさよなら北斗星本体編成に加えて定期列車末期の混結編成に必要なJR北海道の客車6両が納まります。
こちらはバスコレクション。国鉄バスの富士重工車体と沖縄バスのふそうMPトップドアです。
どちらも手持ちの国鉄バスや沖縄のバスのコレクションを強化するものです。

最後に、RUNTECの冷蔵コンテナと絵文字が可愛い赤いフェリシモのコンテナ。
特にフェリシモのコンテナは、家族がフェリシモ好きということもあり、探していたものです。
EF65と66とが入線したこともあり、コンテナ列車でまた遊びたくなってきます。

今回の鉄道模型フェスタでは、先日発売になったHOナローの「猫屋線」関係のアイテムやHOナロー関係のアイテムを多く見かけました。
「猫屋線」の発売をきっかけにHOナロー周りの動きが活発になっているのが、会場にいても分かりました。
(写真は、会場近くのトミックスワールドに展示運転されている、見事な「猫屋線」のHOナローレイアウト)
今回初めて「猫屋線」の模型を実見しましたが、やはり猫屋線のサイズは大きく、普段Nゲージを見慣れている目には、線路の幅が同じにも関わらず、どっしりした存在感があります。

散財はしましたが、いろいろな気づきがあったフェスタで、行って良かったです。