地元を元気に!地元企業のイベントを手伝ってきました(BBQおかわり)2017年03月19日 09:41

茨城の広沢商事が、使われなくなった鉄道車両を買ってきて展示を始めた縁で、「
車の中での鉄道模型展示運転
」という未体験の展示運転を手伝う事になりました。
そんな訳で土曜日、先週に引き続き、展示運転のある茨城にお出かけです。
今回は、圏央道つくばJCT経由。圏央道も、つくばJCT〜つくば中央IC間は、自分の行動ルートと直角に交わることから最後の最後まで未乗区間になりそうでしたので、今回意識して乗ってみました。

梅まつり」の会場。
BBQが振る舞われている中、地元愛好会のよさこいソーランの演技が行われています。

今回も、イベント手伝いのボランティアでいろいろ模型の展示を手伝ってきました。
大きいHOゲージの展示。写真手前の大きい茶色の機関車(EF64 1001)と、その隣の桃色の機関車(EF81 81)は、NゲージとHOゲージとの比較ができるよう展示しております。

こちらはNゲージの展示。
なんと、空飛ぶトトロと猫バスも、展示に合流しています!

今回、Nゲージの展示で好評だったのが、地元車両の展示。
下館に集う水戸線・真岡線・常総線ほか、過去から現在まで茨城を走った車両が一同に集います。
短い編成がベースとはいえ、なかなかこれが圧巻。

エンジンがかかっておりプルプル震える車両の中での運転。
思い入れが強くいろいろ弄ってきたE501系水戸線も今回お披露目。スーパーひたちとすれ違う、今時の常磐線の雰囲気で遊びました。

2日後の梅まつりの展示後は、展示品をそのまま下館レイル倶楽部定例運転会に持っていきます。
夕方から夜にかけて、定例運転会の会場設営と試運転会を開催。
今回持参した中で一番活躍した「さよなら北斗星」を走らせます。すれ違うのはSLが牽くブルートレイン色の「はつかり」。

試運転会では、2階建ての415系電車も走らせました。

さて今回登場した猫バスですが・・・・・。
なぜか全世界の戦車に包囲されております。スケールも設定も理が通りませんが、謎の説得力があります。

そんなこんなで、反省会も含めて夜まで話が盛り上がり、帰ってきたのは午前様になってしまいました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック