115系湘南色入線2017年06月02日 05:43

ここで臨時ニュースです。

泥酔鉄道無責任会社で、社長が引越費用を私的に流用して電車8両を関係者に無断で増備した疑いで、警察は背任の容疑で社長を取り調べています。
これは、6月1日夜、社長が勤務先から帰宅途中、家族の許可なく引越費用を流用し、量販店で発売になったばかりの鉄道模型8両(KATO115系湘南色)を購入し、家計に約2万円の損害を与えたものです。

調べに対して、社長は「東北線115系は俺の青春」「費用は月給から補填するつもりだった」や、
「この前面とか、ライト類やタイフォンの大きさや位置、前面ガラス類の微妙な位置関係とか最高」「ただ窓上の方向幕周りは、ガラスはぴったりだがもう少し筺体が大きかったようなイメージがある」や、

「これこれ、国鉄東北線の115系といえば方向幕準備工事のツートンカラーの塞ぎ板や垂れ流し式トイレ、碓氷峠通過のGマークだよね」「最近拘る人の多いドアコックもユニットタイプになっている」「連結器は壊しそうなのでアーノルドカプラーのほうがよかった」や、

「屋上のクーラーやベンチレータが別成形になっていてもう不満ない仕上がり」や、

「ヤマの115系で一番気に入っていたY350編成が入っており死にそうなくらい嬉しいが、この姿で遊ぶかJR更新車にするか、実に悩ましい」
などと意味不明の発言を繰り返しており、警察は責任能力の有無を含め、慎重に取り調べを進めております。

以上、臨時ニュースですた。