上野口115系補完計画08-方向幕準備車の工作(1)2017年08月05日 21:20

KATOの115系300番台ですが、国鉄〜JR初期の、方向幕が埋められた状態で模型化されています。
この状態のまま方向幕シールを貼っても実感的ではないので、方向幕部分をくり抜いて奥まったところにシールを貼るように加工します。
まずはテストで、塗り替え予定のスカ色115系を先行して加工してみます。

元の方向幕部分のHゴムのディティールを生かして、幕部分の孔だけくり抜くことができるか、試してみます。
まず、元の方向幕埋め板の四隅に、0.6mm径のドリルで孔を開けます。

その後、切口にバリの出ないPカッターで、Hゴムに沿って方向幕部分を切り抜きます。

切口をヤスリ等で仕上げますが・・・やはり切断面や方向幕モールドに凹凸が入り、このままでは美しくありません。
どうすればより良くなるのか、思案中です。

コメント

_ BLACK ― 2017年08月06日 06:39

スーパースティック砥石を、使うと良いかもしれませんよ。

_ クロ@泥酔鉄道 ― 2017年08月07日 06:24

BLACK様コメントありがとうございます。

ガイアノーツのスーパースティック砥石、調べてみましたら、便利そうな製品ですね。
予算が許したら試してみようと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック