ブルートレインの工作2018-06 テールサイン周りの工作2018年02月23日 23:59

なんとか生きてまふ・・・・

KATOの特急ではお馴染みの可変式トレインマーク。色々な列車に仕立てられる素敵なギミックですが、そのままではトレインマークの表示内容が選べないこと、フィルム製で暗いことから、583系の時と同じ技法で、市販のシール(鳳車両製造製)を使い、表示内容を変えられるようにしました。
ちょっと高さ関係の寸法が異なり格好悪いので調整・・・
うん、いい感じ。
元のフィルム製とは異なり、停車時もトレインマークの表示がくっきり表示されます。
カニ24 511は、尾久時代には「北斗星」にも「出雲」にも使用され、さらに北斗星減便時にの2006年には青森に転属となり、「あけぼの」「日本海」にも使用されました。
「日本海」に替えて、実車の運用実績があったか定かではありませんが、「はくつる」を表示できるようにしました。

一方のオハネフ25。
こちらは、ブルートレインの編成に複数のオハネフ25がいる、ってことは、カニとは異なりオハネフ25は最後尾に連結する車両にテールマークを直張りしても、オハネフを交換すれば好きな列車に仕立てられる、、、ってことで。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック