上野口115系補完計画('18)01-中目の改善2018年04月08日 17:47

自分にとっての青春といっても過言ではない小山の115系、去年作ったY350編成のお供に選んだのが、Y1042編成です。
この編成は、クハ115-1512+モハ115-1011+モハ114-1042+クハ115-340の4両編成。先頭改造のクハを含む4両編成。
小山区からは早く撤退しましたが、4両中3両が信州に逃れ、長野C8編成で重用されました。ちょうどこのとき乗った編成です。

ちょうどストックの関係からこの編成をチョイス。
クハ115の1000番台はKATOの旧製品を使いますが、「中目」と言われるよう、ちょっとライトが大きめですので、今回の加工に合わせて加工します。元どおりヘッドライトが点くようにするのが目標。
元のライトを削って周囲を平らに削ってから、孔を1.7mmに広げて銀河モデルのシールドビーム(N-026)を挿入します。ここまではいい感じです。
ライト導光パーツとの「当たり」を慎重に見る必要もあるため、シールドビームはゴム系接着剤で仮止め。
合わせて、学生時代に大人買いした直径0.75mmの光ファイバーをL字状に曲げて、接点をゴム系接着剤で止めて、ライト用導光材を作ります。
両端は、組立時にヘッドライトに合わせて切り落とします。
しくじった時用に多めに用意します。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック