ドイツ風急行客車の工作33-床下の工作と塗装2019年04月07日 20:35

床下機器の工作です。
GMの床板を切り継いで長くした床板に、GM客車キットのあまりパーツを、ミニトリックスの模型を参考に、見よう見まねで接着していきます。
適当の極みですが、それっぽい形のものが何となく付いていれば良い(もともとフリーですし)と割り切ってます。

引き続き、床板車内の塗装。
今回の模型は車内表現を省略します。ウェイトをゴム系接着剤で固定したら、プライマーを吹いて床板を艶消しブラックに塗装します。

さらに引き続き床下・台車の塗装。
台車は軸受部分をマスキングしてからプライマーを吹き、その後床下と一緒にガンシップグレー(タミヤTS-48)を吹きます。
思いのほかTS-48の色調が明るく、ネットで見た改造当初のような色合いになりましたが、このまま工作を進めます。
台車を組み立てて、早く上回りと下回りを合体させたいところです。