板キットから東武81105Fを作る10-箱組みした車体の仕上げ2020年08月01日 09:08

箱組みが終わった車体ですが、側板と妻板との間に微妙な隙間が開いております(そもそもこの隙間が開く構造の板キットでは、塗装済みキットとするのは無理があったのでは・・・)。
隙間に溶きパテ(Mr.サーフェイサー500)を爪楊枝で塗り込んで隙間を埋めます。

1週間待って、塗り込んだパテを削ります。最初は400番の電動ヤスリで大きくパテを削り、表面が平らになったら、目の細かい紙ヤスリに交換してパテ盛り面を仕上げていきます。
これで側板と妻板との隙間埋めは完了。
ここまでの工作で指紋ベタベタになった車体を、塗装に備えて中性洗剤と水で洗いました。
車体が乾燥すれば、いよいよ塗装です。

板キットから東武81105Fを作る11-車体の塗装その12020年08月02日 18:27

梅雨明けの関東地方、今日はそれほど気温・湿度とも高くならず絶好の塗装日和でした。
まず下塗りに室内色のセールカラーを室内のみならず車体全体に塗装。セイジクリーム1色時代の東武8000系みたいで、ワクワクしてきます。
室内をマスキングして東武ライトブルー(GMカラー#24)を吹きます。

塗料が乾いてから、ライトブルーの帯のマスキングをします。。マスキングは0.7mm幅のマスキングテープを使い、車体裾から5.5mmの位置に行いました。
この後、もう1度ライトブルーを吹いて、マスキングの継ぎ目から塗料が滲まないよう、隙間を埋めます。

表面の仕上げ漏れやホコリの巻き込みを削って直してから、濃いブルー(GMカラー#22小田急ブルー)を吹きます。ライトブルーは窓下のみの塗装ですが、今度は窓上の帯部分も塗装しました。
塗料が乾いてから、再度マスキングをします。