板キットから東武81105Fを作る11-車体の塗装その12020年08月02日 18:27

梅雨明けの関東地方、今日はそれほど気温・湿度とも高くならず絶好の塗装日和でした。
まず下塗りに室内色のセールカラーを室内のみならず車体全体に塗装。セイジクリーム1色時代の東武8000系みたいで、ワクワクしてきます。
室内をマスキングして東武ライトブルー(GMカラー#24)を吹きます。

塗料が乾いてから、ライトブルーの帯のマスキングをします。。マスキングは0.7mm幅のマスキングテープを使い、車体裾から5.5mmの位置に行いました。
この後、もう1度ライトブルーを吹いて、マスキングの継ぎ目から塗料が滲まないよう、隙間を埋めます。

表面の仕上げ漏れやホコリの巻き込みを削って直してから、濃いブルー(GMカラー#22小田急ブルー)を吹きます。ライトブルーは窓下のみの塗装ですが、今度は窓上の帯部分も塗装しました。
塗料が乾いてから、再度マスキングをします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック