東武8000系ワンマン4両編成の実車について2020年08月15日 01:50

昨日の高崎行の途中、家族に無理言って坂戸で高速道路を途中下車させてもらい、現在模型で製作中の東武8000系4両ワンマン車の実車を観察してきました。
模型で作っている81105Fを始めとする宇都宮線所属車は全車廃車になってしまいましたが、彼らと同じ8000系後期車を出自とするワンマン4両編成は、越生線・東上線末端区間にて健在です。
ちょうど写真映りの良い坂戸駅2番線に、復刻クリームカラーの81111Fが来ましたので、編成写真を1枚パチリ。

ホームの反対側には8両編成をバラした81100Fが停まっていましたので、一番気になっていた、モハ8300の伊勢崎・寄居側の車内写真を撮影。
4両編成だとこの場所だけが貫通幌が若干狭められており、消火器が設けられております(6両編成では他の場所も同様の改造がなされている場所があります)。

モハ8200・8300の間は扉が設けられております。
モハ8200の反対側(浅草・池袋寄り)には車椅子・ベビーカースペースが改造で設けられており、消火器もこのスペースに収まっております(貫通路は改造されておりません)
モハ8200は弱冷房車になっていると共に、この部分の車端部には、車椅子マークとベビーカーマークが縦に設けられております。

最後に露出を最大限に明るくして、海側の床下機器の写真を4両分撮りました。
クハは東上線独自のATC機器が改造で設けられており原型と異なっている模様ですが、中間モハ2両は、GMキットの床下機器とほぼ同等の床下機器が並んでおりした。

これで実車取材も終了、模型に反映させます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック