板キットから東武81105Fを作る14-車体の塗装その42020年08月17日 03:00

最近ドライブ関係の記事が増えていますが、模型工作の方も少しずつ進めております。

車体に濃いブルー(GMカラー#22小田急ブルー)を吹いてから、車体に青帯のマスキングをしました。
前回同様、窓上の青帯は車体裾から14.5mmの位置を下端に0.7mmのマスキングテープを貼り、窓下の青帯は最初に貼った白帯のマスキングテープの直下に1mm幅のマスキングテープを貼りました。
この状態でホワイトを吹きます。

車体全体にベースホワイトを1回吹いてから、艶ありのホワイト(クレオス#1)を2回、合計3回分けて塗装しました。結果的には結構な厚塗りになってしまいました。

マスキング剥がしは、塗料が良く乾いてから行います。
(お酒を飲んだり昼寝しながらの作業でしたので)数時間かかって、マスキング剥がしました。
マスキングテープを剥がす瞬間は、いつも緊張します。


マスキングの曲がり自体はほとんど見られなかったものの、やはり塗装の滲みやマスキング漏れからの吹き込み箇所が複数・・・
ゆっくり直していくことにします。。。
ヤッパセイジクリームタンショクヌリダッタンジャナイスカネー

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック