フランス国鉄RIO型客車の工作03-車体の箱組2021年04月30日 02:55

カーブ等の走行試験をしたいので、とりあえず1両車体を箱に組みました。
妻板は113系キットのあまりパーツを加工しました。車体裾0.5mmのプラ角棒を接着し、斜めに削って車体裾を真っ直ぐにします。その後、屋根を接着する車体裏を平らに削ります。
屋根はGMクモユニの屋根を切継、床下はGM旧型客車キットの切継で賄いました。
側板の窓桟は中央の1個を切り落としておきます。

その後、車体側板・屋根をプラ用接着剤で接着します。最初は車体中央部を接着し、車体と屋根が隙間なく接着したのを確認してから左右に接着剤を流し、全体を固定します。
接着剤が固まったら、妻板を接着して箱にします。妻板は、連結器を避けるため、側板から2.5mm程わざと上にずらして接着します。