115系中間車の工作26-塗装のリカバリー2021年11月06日 17:13

【写真再掲】黒マジックで塗ったHゴムの塗料が溶けて垂れてしまった115系。
リカバリーを試みます。

まずインレタ済みの車体を傷めないよう、マスキングテープと紙を使ってリカバリーに関係ない場所をマスキングします(写真上)。
その上から塗料の溶剤を染み込ませた赤ちゃん用綿棒でマジックが滲んだ黒色部分を擦って落としていきます(写真下)。黄かん色も落ちていきますが、気にせず黒マジックを落としていきます。

その上からピンクサーフェーサーを吹き、乾燥したら黄かん色を部分的に吹いて乾燥させます。

最後、クリアまで吹いた後に、改めて戸袋窓への色入れを行います。
塗装の継ぎ目も目立たず、うまくリカバリーできたように見えます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック