115系中間車の工作30-屋根床下のウェザリングとサハ115-0完成2021年11月15日 00:00

115系中間車の工作もいよいよクライマックス。
パンタグラフの碍子と摺板に色入れを行いました。

パンタグラフを屋根に装着したら、屋根と床下のウェザリングを行います。
車輪を外した台車を付けて、エアブラシでクレオスのレッドブラウンを薄めて、エアブラシの口を絞って少しずつで吹き付けます。
屋根はパンタグラフ周りから摺板の銅が粉になって飛んだイメージで吹き付け。

床板・台車・床下機器は油と埃が全体的についたイメージで吹き付け。
非冷房のサハ115は工場入場直前を意識して、濃いめにレッドブラウンを吹きましたが、もう少し明るい色を使ってキツめにウェザリングした方が良かったかもしれません。

ウェザリングの塗料が乾いたら、台車に車輪を嵌めて、いよいよ車体の最終組み立てです。

車体の上回りと下回りは、いつもの通り将来の分解を考慮して、木工ボンドで固定します。
説明書等には無い方法ですが、木工ボンドでも実用的な強度が出ますし、分解するときにはカッターナイフを差し込めば比較的容易に下回りを外すことができます。

このままステッカーまで貼って仕上げたかったところですが、夕食が当たって具合が悪くなってしまったため、とりあえずステッカー貼りのないサハ115-27を先行して完成させました。
先に述べた通り、この車両は昔組んだGMキットをニコイチにしてリメイクしたものです。
この非冷房の車両は、国鉄時代末期をイメージして、115系3両編成の中間に挟んで4両編成に増結したり、7両編成のサハに挟んだりして遊ぶことにします。

115系中間車の工作31-残り5両も完成♪2021年11月17日 20:30

4ヶ月に渡ってダラダラ工作を続けてきた115系中間車が、完成しました。

最後の仕上げは、方向幕貼り。鳳車両製造のステッカーを使用します。
このステッカー、厚手の生地に対し糊が弱いせいか、貼る時にピョンピョン跳ねるじゃじゃ馬ステッカーですが、実感味は業界一なので貼るのに苦戦しながらも愛用しています。

過去の作例と向きを統一しつつ、片側の側面には「通勤快速 宇都宮」を、
もう片側には「快速ラビット 上野」のステッカーを貼りました。
これで晴れて6両分の工作が完成です。
次は、この6両に似合う先頭車の工作です。。。

【115系中間車の工作 まとめ(2021.7-2021.11)】
●車体の組み立て

415系K521編成の工作03-クハ165+クハ111=クハ401?2021年11月20日 23:26

次作は415系中間車にクハ401先頭車を組み合わせた編成のうち、郡山への廃車回送を黒磯で看取ったK521編成(クハ401-55+モハ415-722+モハ414-722+クハ401-76)を作ることにしました。

側板は、1両はクハ401として組んでいたものを再用、もう1両は2008年(!)に試作したクハ401の側板を活用することにしました。

折角ですので、完成品と同等にヘッドライトを光らせたいところです。最初はクハ111-2000の前面を使ってこれを再現しようとしていました。しかし、実車の大目玉・シールドビーム改造された前面とは明確に形が違います。

どうすれば良いか思案した結果、クハ401はKATOクハ165の車体をベースにGMクハ111の側板を嵌め込む構成で作ろうと思いました。これなら大目玉もシールドビーム改造も対応可能。
しかしそう簡単に問屋は卸さず。車体の長さが全然合いません。

測ってみたところ、クハ111とクハ165では2.5mm弱ほど長さが異なる様子。
多分クハ165の車体・床下・室内を2mmほど切り継いで帳尻を合わせることになろうかと思います。

懸案は先延ばしで、とりあえずクハ165の床下に台車集電可能なKATOのTR201(ネジ留め)を取り付けます。
トレジャータウンTTP522-06台車交換用ボルスターBを、スナップ台車取付孔に嵌め込んでTR201を取り付け。
孔を削り広げる必要はありましたが、無事にTR201が付きました。
名車165系電車も、晴れてコイルバネ台車にダウングレードですw

下館レイル倶楽部2021年11月定例会2021年11月22日 01:37

今日は、毎月第3土曜日・日曜日のお楽しみ、下館レイル倶楽部の運転会に行ってきました。月曜日の体力面が心配ですが、久々の日曜参戦です。

月曜日の仕事に無理のないよう、今回も電車で来館しました。
今回は作ったばかりの中間車6両を提げて115系祭りです。

まずは1000番台のモハユニットと非冷房サハ115とを、前作ったY1042編成の4両と組み合わせて、JR発足時風の7両編成にして遊びます。
動力車2両の強力編成。心配だった動力ユニットの協調もうまく取れているようで、とりあえず一安心です。

次にサハ115・モハ114・115を入れ替え、4両(こちらも前作ったY350編成)を増結して、11両編成を仕立てました。
こちらは1990年代の快速ラビット・通勤快速にちょうどピッタリです。快音を立てて走ってゆきます。

さらに4両を増結して、ラッシュ時間帯の15両編成フル編成を再現しました。
15両揃うと、流石に堂々とした編成になります。
115系だけで充分遊べました。

おまけ:荷物電車も虫干し運転。115系と併結して遊ぶのも楽しいですが、今回は手持ちの5両を連結して運転。
1両いる低屋根のスカ色の編成がいい感じです。

東京ルーティン2021年11月23日 16:53

祝日は、いつも午前中にスポーツクラブで運動して、午後は東京に出かけるのがルーティンになってしまいました。
しかもコースまでいつも同じになっており、
池袋からバスに乗って落合南長崎のホビーセンターカトーを訪ねてから、
大江戸線で秋葉原に出る、まさにルーティンワークです。

今回は、工作中の403系模型の材料買い出しもなく、中古品を漁るもめぼしいものはなく、買ったのは
115系用のインレタだけになってしまいました。
模型の物欲が完全に萎えてしまっております。。。