2022大糸線の旧型国電06-クハ68017の工作その32022年05月28日 18:58

前回の工作で、車体側面の切り継ぎを済ませてサーフェイサー吹きまで済ませたクハ68017。
サーフェイサーを吹いて切継痕の仕上げをして、気に入らずにパテを盛ってヤスってまたサーフェイサーを吹いて・・・の繰り返しで、ここまで来ました。
まだまだ及第点には及びませんが、キリがないのでこのへんで箱組します。 

そんな訳で、クハ68017の車体を箱に組みました。車体側面と妻面をL字状に組み、歪みが出ないよう屋根も接着してしまいます。
クモハ43のキットを買ったので、屋上機器は全削りして使います。