ヨーロッパを夢見て05-まずは経由地ベトナムまで(9月23日)2023年09月23日 22:29

(このブログはベトナム・ハノイ ノイバイ空港で書いております)

さて、いよいよ出発です。飛行機は羽田空港第3ターミナルから離陸しますので、電車とモノレールを乗り継いでに向かいます。

羽田空港第三ターミナル到着。憧れだったモノレールからの無階段チェックイン、これがやりたくて乗り換えを厭わずモノレールで羽田入りしました。モノレールを降りてすぐ眼下に広がる空港ターミナルビルの威容が堪りません。
写真はモノレールと空港ターミナル

しかしここでトラブル発生。
まだ日本から出てないのに、オー○バックスで3000円程度で買ったキャリーバッグのキャスターが破損してしまいました。
代わりのキャリーバッグをどうにかするべく空港内の旅行用品店に向かいます。商品はあるにはあるのですが、在庫品の全てが数万円と値段が高くて手が出ません。
仕方がないのでコンビニでゴム系ボンドとガムテープを購入、必殺ガムテープ補修で今回の旅行は凌ぐことにしました。多少見かけが限界旅行者っぽいですが、仕方がありません。
写真は破損したキャリーバッグと補修痕

ともあれ、補修したキャリーバッグを預けてチェックイン。保安検査・出国手続きを筒がなく済ませて制限区域に突入。空港内のフードコートで、旅の無事を願って乾杯しました。
写真は羽田空港フードコートでの乾杯

空港には時間に余裕をもって着いたのですが、いい心地で飲んでいるうちに最終搭乗案内の放送が流れてきてしいまました。そそくさと搭乗口へ向かいます。
乗る飛行機とご対面。我が家の財政ではエコノミーでも数十万する直行便の飛行機を押さえる訳にもいかず、ハノイ経由のベトナム航空便を予約。
羽田−ハノイ線は普通はボーイング787が飛んでいるのですが、今日はそれよりも若干大きいエアバスA350があてがわれていました。ターコイズブルーの機体が大変綺麗です。
写真はベトナム航空のA350

ハノイまでの航空路の前半は、日本列島を縦断するように飛びます。あいにくの天気で雲の下の世界は見えませんが、飛行機内で配られたワインとオレンジジュースで改めて旅の無事を願って乾杯♪
写真はベトナム航空の機内での一献

日本時間で午後6時過ぎに機内食が供されました。魚と鶏から選べるとの事でしたが、あいにく鶏は売り切れとのこと。魚は白身魚のあんかけにゆかりご飯がついており、ご飯がちょっと硬い部分があった他は美味しくいただきました。
パンと食後のコーヒーは盛り渡しではなく別皿に盛ってくれるため、ちょっと高級感があります。
写真は羽田発ハノイ行きの機内食