上野口115系補完計画('18)01-中目の改善2018年04月08日 17:47

自分にとっての青春といっても過言ではない小山の115系、去年作ったY350編成のお供に選んだのが、Y1042編成です。
この編成は、クハ115-1512+モハ115-1011+モハ114-1042+クハ115-340の4両編成。先頭改造のクハを含む4両編成。
小山区からは早く撤退しましたが、4両中3両が信州に逃れ、長野C8編成で重用されました。ちょうどこのとき乗った編成です。

ちょうどストックの関係からこの編成をチョイス。
クハ115の1000番台はKATOの旧製品を使いますが、「中目」と言われるよう、ちょっとライトが大きめですので、今回の加工に合わせて加工します。元どおりヘッドライトが点くようにするのが目標。
元のライトを削って周囲を平らに削ってから、孔を1.7mmに広げて銀河モデルのシールドビーム(N-026)を挿入します。ここまではいい感じです。
ライト導光パーツとの「当たり」を慎重に見る必要もあるため、シールドビームはゴム系接着剤で仮止め。
合わせて、学生時代に大人買いした直径0.75mmの光ファイバーをL字状に曲げて、接点をゴム系接着剤で止めて、ライト用導光材を作ります。
両端は、組立時にヘッドライトに合わせて切り落とします。
しくじった時用に多めに用意します。

鉄道コレクション26弾2018年04月07日 07:19

久々の箱買いです。これで量販店で1万円、欲しいラインナップが揃っているとはいえ、鉄道コレクションも高くなったものです。
今回は、東北地方を走る電車が色々入っていましたので、それを欲しくて購入。
そんな中、中身を改めていたら・・・
シークレットを引きました。
最近、鉄道コレクションの塗装品質問題が話題になっており、719系が前面に塗装のない「しろべぇ」だったりという話もありますが、幸いそういう「シークレット」は回避できました。

今回買ったうち、701系の4両は、前に買ったまま放置しているアンレールのE721系と組み合わせて凸凹の6両編成にしたり、色々加工して遊びたいところですが、まずは磐越西線の719系をN化してみます。
クハのウェイトは手持ちのGMウェイトを活用。車内の独特の座席配置は大事にしたいので、屋根裏に接着しました。重心高過ぎで不具合が出るようなら別途検討します。

クモハの屋上機器は、碍子を格好良くしたいのと屋上配線が繋がっている方が好みなので、415系?457系?用屋上碍子のストック品を現物合わせで加工して取付けます。
高圧配線と碍子に色を入れると、すごく引き立ちそうです。

パンタグラフは指定品が無く、どうしたものか考えていましたが、ジャンク箱を漁っていたら、ED79用のパンタグラフが出てきましたので、これを載せてみました。
かくして、呆気ないけどN化終了。車体に散りばめられたあかべぇのイラストも可愛い、小さくまとまった2両編成になりました。
今後、ライト点灯やクモハのパンタグラフ周りの仕上げとかをやってみます。
あと、マイクロエースから同じ719系の「フルーティア」が出るみたいですので、今回の車両に増結して遊びたいです。

ブルートレインの工作2018-10 金帯車2両完成しました2018年04月04日 02:00

年度が明けました。
年度替りに仕事がエアポケットのように少なくなったのをチャンスに、工作中のブルートレイン2両を仕上げました。
写真上から2両目(オハネ24引戸)と一番下(オハネ25)です。

車内は、リンレイの「マステ」(ピンクベージュ)を使い、ブルートレインの座席に色入れ。
塗るよりも若干柔かく厚みがあり、布団のようなモケットのような風合いにシートの色が入ります。
他の特急列車に比べ座席1個が大きく座席数そのものが少ないですが、やはりやってみてシートの切り出しと貼り付けが面倒です(2両で1時間)。
気分が乗るときにチマチマやるのが良さそうです。

かくして車体を上下組み合わせて、オハネ24引戸とオハネ25の金帯車が完成。
オハネ24(写真下)は写真のように、完成品のオハネ25と並べてもなんとか満足できる出来に仕上がりました。
オハネ25は・・・ちょっと寝台側の塗装が傷んでしまいましたので、機会をみて塗装をやり直したいです。


あれから7日2018年03月18日 20:48

、年度末の仕事はますます苛烈を極め、大変熟成されてきましたorz。
当面発言にはきをつけるしょぞんです。もちろん心身の不調にも・・・(3/19一部発言を訂正しました)

そんな中、気晴らしにちょっと遠いところに買い物に逝った際、某ポポソデピピックで仕入れてきたのがこちら。
憧れだったトミーのポニートラスと、メルクリンの貨車です。

メルクリンの貨車は、連結器もピッタリ合って、ディティールも必要十分で、何よりその出来がプラスチックとは思えないシッカリカッチリした出来で、H0のBR243と組み合わせると大満足です。
しかし大事なことを忘れてました。
普通のメルクリンは、普通の鉄道模型と異なり、交流3線式で、車輪の絶縁方法がどうも普通の鉄道模型とは異なるらしい。
それは知識として知っていたのですが、動力車じゃないから大丈夫と思っていたのが誤りでした。
多分車輪を交換すれば大丈夫そうですので、その辺は適当に何とかします。

もう片方、ポニートラス橋。ツイッターでの評判も上々なので、楽しみにしていたものです。
キット形式で組み立てです。

トラス自体は、部材も三角に抜けていたり、トラスの接点が本来のヒンジ上になっており、テンションだだ上がりです。
(トラス橋の接点は、本来は回転方向の動きを拘束しないヒンジ構造で、三角形を崩すとクルクル廻るようになっています)

しかし。
トミックスのレールシステムに合わせ、ミニカーブレールやバスコレ走行システムに合わせたシステムのため、他のレールシステムに比べてもトラスの間隔が幅広気味。
むしろHOゲージにピッタリ合いそうです。
ともあれ、お座敷運転にいいスパイスが手に入りました。

あれから7年2018年03月11日 13:07

今日で3.11東日本大震災から7年。
喪われたあらゆる命と想いに黙祷。

あの日あの時、自分は栃木県の氏家で外にいました。
立ってられない揺れ、キュキュ鳴きして揺られる東北線の架線、揺さぶられて空に舞うスギ花粉、一向に治らない地震、停電で機能しない信号。
未だにアレが現実の出来事のように思えません。

被災しなかった人間がやるべき事は、数十年かかると見積もられる喪われたものの復興を支えその原資を捻出すべく世の中を廻す事。その想いは7年経った今でも変わりません。

不幸中の幸いにして、栃木に住んていた自分も、茨城に住んでいた両親及び親戚も、大きな影響は受けませんでした。
ただ、工作中の模型が破損した、それだけで済みました。

破損した模型(10系客社改造のドイツ型客車)は、「震災復興車」と粋がって工作を続けてきましたが、あれから7年、まだ完成していません。
慌てて工作しても良い事はありませんので、大意を忘れず引き続きゆっくり工作を続ける事にします。