ヒコーキの工作12-ボーイング787とT-6テキサン1機が完成しました2017年10月28日 13:05

古くからの鉄道模型ファンであれば、GMマニュアル(1985)を見て、鉄道模型と飛行機模型の共存を考えた方も多いと思われます。
自分もマニュアルを見て三十数年、ようやく飛行機を自分の鉄道模型世界に導入することができました。
機首引き上げ!
いま、作ったばかりのボーイング787が、機首を引き上げて離陸せんとするところです。

最後の工程は、飛行機に艶ありのクリアを吹いて、表面保護とコンパウンド磨きのムラがでた表面素地の調整。
ここで失敗するわけにはいきませんので、慌てずゆっくりとクリア吹きを行いました。

飛行機のプラモデルを作るのは初めてでしたが、鉄道模型とは色々勝手が異なること、にも関わらず塗装前の表面仕上げが甘くて何度も研磨と塗り直しをしたり、相変わらずの工程になってしまいました。
それでも、何とか形になり、良かったです。

合わせて、T-6テキサン練習機も、2機同時に作っていたうちシルバーの方を完成させます。
(黄色の方は、主翼が変な位置で固まってしまったため、分解して再組立します。)
テキサンの方は、クリアを吹いてから風防を取り付け。このキットは、風防が2組付いており、組み立てると1個余りますが、余った風防はレイアウトのビニールハウス(トンネル)に使えそうです。

「敵さん練習機」も晴れて完成。今年春に作った飛行場ジオラマベースに置いてみますが、結構大きく作ったはずの格納庫に収まりません。
ともあれ、格納庫のヌシが無事に収まり、良い感じです。

今日完成したばかりのボーイング787とT-6テキサンとを並べて見ます。
本当に親子ほどの大きさの違いがあり、飛行機というものはよくあんなでかい鉄の塊(B787は繊維の塊ですが)が飛ぶものだと感心することしきりです。
ともあれ、これでレイアウトや展示運転で目を引く超大物ストラクチャーができました。
どこかでお目にかかればと思っています。

【ヒコーキの工作(ボーイング787・T-6テキサン)(2017.9-10)のまとめ】

ヒコーキの工作11-前面窓の工作2017年10月18日 23:19

ヒコーキモデルの納期とデカールの乾燥と貼り付け段取りとを考えて、毎晩少しずつ工作をする夜が続いています。。

「前面風防」もとい窓ガラスの工作。まず窓ガラスを接着。
胴体のカーブより窓ガラスのカーブが緩く補正したい所ですが、透明なプラスチックは折れたり傷が入りやすいのと、そうなった場合の見栄えが酷いことになるので指ではしごかずに接着で補正固定します。
しかしカーブはこれでは補正し切れていないため、しごいて補正するのが良さそうです。
その後、前面窓のデカールを貼付。
なんだか、雰囲気が出てきました。

ヒコーキの工作10-ボーイング787の塗装完了→デカール貼り付け再開2017年10月15日 23:13

2週間後の下館駅なか・駅前フェスタへのサプライズにするべく、ボーイング787の工作を進めました。
しかし、塗装で、翼周りをシルバーに塗るのを忘れておりましたので、デカールの貼り付けを一時中断して、塗るべきところををシルバーで塗装します。

シルバーに塗るのは、翼の先端周り。ここを銀色に塗装します。
こんな感じ。ボーイング787は、主要部分がカーボンで出来た、今までにはない旅客機ですが、翼の先端で、一番いろんなものが当たってすり減るであろう場所が金属色になり、とりあえず満足です。

合わせて、 貼れる所のデカール貼りを推進。尾翼の鶴丸マークが貼られて、完成度がグイッと進みました。

ヒコーキの工作09-ジェット・ストリップ2017年10月13日 23:13

ジェット・ストリップ・・・

ジェッット・ストリッップ・・・・・・・

ジェッッット・ストリッッッップ・・・・・・・・・・・・・
♪〜♪〜 ♪♪♪♪〜♪〜〜

遠い地平線が消えて、
深々とした夜の闇に心を休める時、
遥か雲海の上を、音もなく流れ去る気流は、
たゆみない  模型の営みを告げています。

満点の星をいただく果てしない光の海のもと、
豊かに流れゆく デカールの台紙をずらせば、
煌く星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂の、
なんと饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていったはるかな地平線も
瞼に浮かんでまいります。

これからのひと時。
日本航空を、作るモデラーがお送りする
模型の定期便。「ジェットストリップ」。
皆様の、夜間飛行のお供を致しますパイロットは、
わたくし、欲情達也こと、泥酔鉄道のクロです。。。

ヒコーキの工作08-繰り返す重ね塗り&テキサン練習機の工作012017年10月11日 20:57

今日は、産業医の診察を受けるため午後休みを取り、夕方帰ってきてから、適当に呑みながら塗装の続きをしていました。

10月7日の記事から繰り返しての塗装を重ねること数回、やっとボーイング787の機体塗装が完了しました。
なお主翼はさらに補正塗装します。。。

あわせて、テキサン練習機の工作もスタート。
機体にベースホワイトを吹いてアルミシルバーのメタリック塗料を吹いて軽く磨きだします。

同時に、ボーイング787のエンジンカウルも塗装して磨いて接着しました。